新陳代謝という言葉 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

昔は「新陳代謝」という言葉を

よく聞きました。

 

1日に1兆個の細胞が新しく作り変えられて、

前部で60兆個で出来ている体細胞の多くは、

ほぼ2か月で、新しく作り変えられていると

いいます。(こうして細胞は常にリニューアル

されている。)

 

これが、体の健康の根本で、古い細胞から

新しい細胞に変えるという、エイジング(老化)

を克服することが、生命の本質という

ことが言えるようです。

 

この考えは、自分の体がどうして

衰えてくるのか、体調が悪くなってきたり、

回復力が昔より、低下してしてきたのは

なぜか?このことを理解する

とても分かりやすい体の仕組みです。

 

 

代謝とは、ある物質から違う物質に変える

(交換する)ということで、

食べたり、飲んだりして、体に入る栄養によって

この代謝が上手くいくことが、老化を遅らせ、

より新しい細胞が働くことで、体が上手く機能する

ことになります。運動することで、この摂り入れたものを

消費して、さらに新たに作られる物質もあります。

こうして、体が作り上げられる過程がとても重要で、

脳や臓器などの働き、ホルモンの分泌、神経の働き

脳の神経の構築にも影響します。

 

 

食べる物や生活習慣が、

いろんな症状、肩こりや腰痛がある方

又は自律神経の症状(耳の閉塞感、耳鳴り、

ふらつき、不眠症など)と関係することが

あるのは、体の細胞が上手く働いていない

事によって、結果として、

神経の働きに作用することがある為です。

(この関係性が一般的に言われていないので

理解しがたいこともあるかもしれませんが、

実際に起きていることです)

 

長年の生活や食生活が、

細胞の働きに影響して、

体の変化として(張りや痛みや

様々な症状)表れ、

人の健康に大きく関係していることが

わかります。

 

横浜ホリスティック治療室

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス