長年のしみついた生活を変えること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

お正月のお休みはあっという間に過ぎていきますね。

もう今日で3日です。

 

毎年、正月に

親戚の従兄弟と会って話す機会があるのですが、

7,8年前ぐらい前に脊髄の近くに腫瘍が出来て、

手術をし、その後ずいぶん遺症に

悩まされてきました。

 

去年ぐらいから、ずいぶん楽になったと

いっていましたが、以前は、自律神経が

おかしくなり、眠れないという状況が

続いてましたが、それもなくなりました。

 

今は、手や足の震え、脚の硬直感、

よちよち歩くような状態はありますが、

それも以前よりは、少しは楽なようです。

 

毎年、この従兄弟を治療するのですが、

その際に、脊髄に腫瘍が出来る以前、

今までの生活の話を聞いたことがあります。

殆ど休まないで、仕事ばかりしてきたようです。

 

本人は体力もあり、毎日仕事をすることも

苦にならなかったようで、

仕事が好きなようでしたし、充実して

いたようです。まさか、こんな大病に

なるとも思っていなかったようです。

しかし、話を聞いていると、ずっと

休みなく働くことは、普通ではないと

思いますし、このような生活は

どこかで破たんし、何らかの形で

この影響は表れるてしまうのだと思います。

家族もいて、それなりに遊んで楽しんで

生活をし充実していたと思いますが、

こなるまでに、体の異変に気づけなったのは、

何故だろうと思ってしまいます。

 

後遺症が、自律神経に出ているので、

人と話していて、感情の高ぶりが起きると、

手の震えが強くなり、

物理的な脊髄の部分の後遺症だけではないような

気もします。何かの自律神経に影響が

あります。

 

何故脊髄に腫瘍ができてしまったのか?

やはり毎日の生活が大きかったと思います。

今は、毎日歩くことも大変ですが、

しかし、この歩くことで、体調が良くなっているようです。

自分でも歩くことで、手足の動きが良くなることを

感じるので、これが今は自分に必要で、

体の状態を確認することにもなっています。

 

病院でも、この後遺症の原因もわからないようで、

いろんな治療院にも行きましたが、良くならないので、

本人も自分で治していくしかないと思っています。

昔から便秘もあり、これと足の部分の症状とも関係が

あると思いますが、今のような体になっても、

いまだに仕事が第一になっているので。。。

歩くと同時に、体を休めることも重要なことです。

自分で思っている以上に、このバランスを取る事が、

大切です。長年しみついた生活習慣を変えることは、

とても大変なことです。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス