体調を崩す要因に気づくこと | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

家族で体調が良くない方がいると、

自分や家族全体に影響します。

それはとても大きなことで、特にそれが母親であれば

自分も少しずつ心身のバランスを崩していきます。

 

自分の体調が崩れることには、こうした基盤である

家族の方の病気や家族での心配事などから

起きる事もあります。

 

昨日も仕事でも疲れ、家でも母親が体調が良くない

ことで、心身ともに疲れている方がいらっしゃいました。

外でも仕事で疲れ、家でも何かと気をつかうことは、

徐々に体にも影響します。

このような精神的なストレスは、仕事のストレスに

さらにストレスが加わることで、自分のストレスの適応

能力の範囲を超えてくると、肉体にも大きく表れてきます。

 

それは、体全体の過緊張した状態で表れます。

体がストレス反応を起こしている状態です。

体は正直なので、このような家での影響がそんなに

あるとは自覚していなくても、

体は反応して、それが筋肉の状態に表れます。

 

昨日お話した、自分に合わない食べ物でも

体は同じように「ストレス反応」を起こします。

精神的なストレスも肉体的なストレスも

自分に合わない物を食べる事も

すべて、体では「ストレス」と認識します。

 

このような様々なストレスの影響が、

何からきているのか?これを知る事は、

体調が崩れたり、病気になることの予防になります。

自分が気づかないうちに、このストレスの影響を

受けていることが、とても怖いことです。

肩こりも腰痛もこの肉体の変化の現れです。

このような体の変化が慢性になっているのは、

何かしらの心身のバランスを崩す要因(ストレス)が

ある事を表しています。

 

誰でもこのストレス反応は、常に起きている

反応です。この反応はそのストレスの度合いや

持続時間、期間により常に変化します。

このストレスに気づけないのは、私達がこのストレスに

慣れてしまう能力があるからです。

何のストレスが体に影響しているか。これを知る事が

体調を崩さない為に大切です。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス