体の痛みや張りから自分の体を知る事 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

世間一般的な考えがありますが、

それがある為に、真実にたどりつけないことが

あると思います。

 

体のこともそうで、

痛みがあると、病院に当然のように

行く方が多いと思いますが、

外傷がなく痛みがある場合でも、

同じように病院に行き、

同じ流れで診察されます。

多くは、レントゲンを撮り、骨に異常がない

ことがわかると、消炎鎮痛剤や湿布を

わたされ、病院でも原因がわからないので、

そのまま帰宅するという流れです。

 

このような当たり前といえば

当たり前ですが、

この処置のままで良いのか?

と思ってしまいます。

 

これでは、痛みの原因もわからず

痛みを感じなくしても

その痛みの原因があることを

そのままにすることは、

後になって、他の症状を起こす事に

なります。

 

肩コリもそうで、この肩こりにも原因が

あります。昨日も足に痛みがあり、

慢性的な肩コリもあり、

それが自覚のない肩こりで、美容室に行った時

などに「肩が凄く張ってますよ」と

言われることがあり、御自分では

張っている感覚がないので、

何でもない感じでいました。

 

ですが、この肩こりが体の状態と

関係していることがあり、肺の機能とも

関係していることもあります。

このような一般的に言われていること

ではなく、体に何かの影響がでていることが

あります。

 

このような痛みや肩コリや体の張りなどは、

外傷がない場合、体の状態を表していることが

あります。この認識も殆どの方はないので、

これが先々の病気と繋がることもあります。

この痛みや張りも、自分の体を知る

キッカケになることがあります。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス