人が発する気が体調に影響すること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

普段どんな方と接しているか、このことも

体の状態を左右することがあります。

 

私は仕事柄、いろんな方にお会いしますから、

この人との関係性の影響が大きいことを

感じます。

 

人はそれぞれ特徴的な個性を持っていますが、

一緒にいて、心地よい方、なんだか

気が合わないなーと思う方、

気分が悪くなる方、

人にはそれぞれ相性があるのだと思います。

 

患者様のお話を聞いていると、

何かしらの人間関係で、

こういった人との交流の中で起きる

気持ちの変化が体に影響を与えている

ことを感じます。

 

それは、少しずつ気がつかないうちに

体と気持ちのバランスを崩すことになり、

食生活、生活習慣にも反映されるのだと思います。

 

先日も、ここ最近眠れない状態という方が、

来られました。この不眠症という症状は、

体と気持ちのバランスが崩れている事が

とても多いです。

それはこの方の遺伝的な特徴(肝臓が弱い)

にも影響していました。(この肝臓は、弱ると

不眠になりやすい傾向があります)

 

この方のように、日常での人間関係で、

いろんな人の影響を受けて徐々に、

体調を崩してしまうことに加えて、

今まで食べていた物を

消化する能力にも低下してしまい、

このような状態の時にその時、自分の合わない物を

食べたことで、さらに体調を崩すということにも

なることもあります。

 

現在の多くの方の体調の変化には、

このような体と気持ちの繋がりの

バランスを乱すことが、とても多いのは

この「人との関係」にあると感じます。

 

私も体のメンテナンスをすることが

あります。その時に感じる事は、

こういった、目に見えない部分の

中国医学でいう「気」という部分と

人間の体との関係があり、

人が発する「気」(たぶんその方の気持ち

であるポジティブやネガティブな気持ちから

生まれるもの)が気づかないうちに

人に影響をするのだとつくづく感じます。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス