急な痛みが起きるのは | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

急な痛みが起きることが

あります。

 

先日も急に足の甲の外側の部分が

痛くなった方がいらっしゃいました。

特別運動をした訳ではなく、

徐々におかしいな、違和感があるな、

という感じから、どんどん痛みが出てきて、

ちょっと足のストレッチをしたら

歩けないぐらいになって、地面に足もつけない

ぐらいになったと言われていました。

 

このような急な痛みには、

以前、数か月前、又はもっと何年も前に

痛めた部分との関係で起きることがあります。

以前痛めたり、痛みが出たり、張りが出た部分が

何となく良くなって、症状がでなくなってそのままに

しているようなことです。

 

この体に痛みが自然と感じなくなる事は

良くありますが、治ったのではなく、

体のどこかで、その痛みの場所の負担を

補う、代償作用という身体の筋肉の働きです。

このような痛みが急に起きるのは、

多くが筋肉のアンバランスな状態であり、

 

(筋力が弱化したり、過緊張することで、

筋肉のバランスが崩れ、今まで正常に行われていた

体を支えたり、足や腕を動かしたり、

体の動きや姿勢を維持することが、

出来なくなってくること)

 

何らかの影響で、

筋肉のバランスを崩し、今までの歩いたり、

姿勢を維持したり、様々な姿勢をとることが

難しくなり、普段の生活に問題が起きることが

起きます。

 

この何らかの影響とは、

普段の生活の中にあります。

この方は、冷え性で、水もほとんど飲んでいない、

疲れもあり、間食に糖質を多くとっていたこと、

同じものを毎日大量に摂っていた事(この方の場合は

コーヒー、チョコレート、せんべいなどのお菓子)

 

このような生活は、多くの方が普通に行っている生活と

言えばそうかも知れませんが、その方の遺伝的な要素、

年齢、気候の変化など、様々な状況の変化に

加えて、毎日の生活の影響が、

体の様々な機能を低下させます。

それが、リンパ循環や臓器の働きなど、体の内部にも

少しずつ影響を与える事があります。

この影響は、体ではストレス反応として、

神経の働きに影響し、

それは筋肉に表れます。

 

このようなとても個人的なことですが、

体(筋肉)が毎日の生活で、常にリアクションして

います。これが限界にくると筋肉に大きく

表れます。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス