自分の体を知ること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

体の症状が何が原因で起きているのか?

このことを知る事は安心に繋がります。

人によっては、様々な症状をたくさん抱えている

こともあり(不眠症、めまい、体のどこかの部分が

痛い、、、)これらの症状の原因が病院にいっても

原因がわからないと言われる方も多く、

不安になる方も多いです。

 

体と気持ちの関係性は、

不安になると自律神経の交感神経が

優位になってくるので、

現在起きている症状の原因が

自律神経の乱れからきていると、

この影響は大きくなります。

 

御自分の不安が、症状を強めたりすることも

多いです。自分の気持ちが不安定な状態は

体の症状も強くなるのは、その為です。

 

体の痛みや筋肉の張りにしても、

この自律神経が関係しているのは、

気持ちの変化→自律神経の乱れ→運動神経にも影響

→筋肉の弱化、過緊張。

 

という体の昔から備わった、ストレス反応による

筋肉への影響がある為です。肉体と気持ちの繋がりは

医学的にも脳科学でも言われていますが、

その理論をまだ病院ではそこまでを現場で、

実用していません。どちらかというと、

薬で何とかしようとしますので、(気持ちの部分も

体の部分も薬でコントロールすること)

この気持ちと体の関係性に焦点をあてる治療体系は

難しいのかもしれません。

 

何らかの症状や病気と診断されている方は

微妙に変化する気持ちの部分も、とても大切になってきます。

御自分の意識が、体の症状に向かうことで、

症状の改善を妨げていることも多く、

(特にめまいや耳鳴り、不眠症、痛み)

気持ちの安定が、改善する為に必要な

ことを感じます。

 

気持ちが安定し、自分が良くなると思うと

体は改善する方向へ加速します。これが

改善する秘訣といっても良いです。

これは、何かというと自分が治しているという事です。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス