知らず知らずに習慣化すること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

知らず知らずに習慣化してしまうことが

あります。

体に良くないと思われるような

菓子パンやチョコレート、ケーキのような

甘いものを毎日食べたくなるという習慣です。

私もよくあります。。。

 

このような毎日の甘いものをすぐ欲しくなる

のは、体がすぐにエネルギーに変わる糖分が

欲しくなることの表れだととも言われていますが、

体の疲労や気分の変化の表れであることもあります。

分かっているけど止められないという

衝動みたいなことでもあります。

 

そんな状態の時は、体が疲れていたり、

気分が低調だったり、

よく自分の最近の生活を振り返ってみると、

それは体が疲れてしまっても仕方がないよな

とか、気分が低調になる話が無意識に

耳に入っていることもあります。

 

一緒に生活している人の影響を自分が

あまり自覚が無くても影響を受けている

こともあります。会社や学校、友人、

家族、親せき、など周りとの関係で

気づかないうちに、毎日の食の嗜好が変わってしまう

ことはよくある事です。

 

私も20年以上前、今の仕事に関わっていなかった頃は

毎日菓子パンを食べていました。

その時は、花粉症があって、とても辛かったです。

それで、加工食品を食べる事をひかえるようになって

から、花粉症はなくなりました。

食べ物から入ってくる、化学物質に体が反応して

アレルギー症状を起こしていたのだと思います。

 

このような、食べる物の嗜好が、

体に影響していることはとても多いです。

その根底には、日常のことで(労働時間が長い、

仕事場の人間関係、学校や家庭でのことなど)

気づかないうちに、自分がその影響を受け、

心身ともに疲れが慢性化していることに

要因があります。

 

最近も患者様から、何気ないことに

自分が変化を感じている話を聞きました。

疲れていても出かけたりした後は、

気分が良くなっている、これはなぜだろう?と

ちょっとしたことで気分が変えることがありますし、

何をすれば気分が変わるか、自分でわかっていれば

それをして、毎日気分を更新することが、

体にも良い影響を与えます。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス