最近、体がおかしいと思う事と普段の生活との関係 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

最近、体調の変化が出始めて、

体が何かおかしいと

思われてご連絡を頂くことがあります。

 

この体の変化が、今まで飲んでいた薬との

関係がある方もいます。

 

一般的には当たり前なのかも

しれませんが、

血圧が高ければ降圧剤を飲み、

血糖値が高ければ血糖値を下げる薬を

飲み、尿酸値が高ければ尿酸値を下げる薬を

飲み、現在も、薬を毎日のように飲んでいる状態が

今の体の変化と関係していることがあります。

 

歩く時の歩きづらさ、

何かふらつくようなめまい感、

姿勢を変えたりする時に体が思うように

上手くいかない、など歩行に関係した

症状をが出る方もいます。

 

このような歩行しづらく、

体が思うようにコントロール出来ないような

症状が、今まで飲み続けていた薬との

関係がある方もいます。

 

まったく関係のないような、

この体を動かすような筋肉の機能と

薬との関係は、簡単に言うと

「薬の蓄積=体に毒素が溜まった状態」

 

これが、運動神経にも影響してしまう

ということです。

 

歩くという、普段あまり意識しなくても

出来るような動きが、スムーズに出来なくなって

くることが起きる、この症状は

めまい感も伴い、脳の問題だと思われる方も

多く、しかし病院の検査で何も

出ない状態です。

(MRI、CTも含めて)

 

筋肉を上手く使う事ができなくなってくる

このような状態の方は、普段の生活で

水を余り飲まない、汗もあまりかかない

(お風呂で湯船に長くつからない)

などの体の中の毒素が溜まったような

状態に、腸の状態が関係していることも

多く、体が毒素を排出できないような

状態にあることが要因として、

多いです。

 

思っている以上に、

この日常の毒素を溜める

生活(薬を毎日飲むこと、汗をかかない事

水を余り飲まない事、自分に合わない物を

食べる事で起きる腸の働きの低下など)が

体に影響します。

 

体の為に飲んでいる薬がどのくらい

体に影響しているか、

このことに気づく必要があります。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス