年齢と共に低下する適応能力を保つには | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

昨日は、もう10年ぐらい出張治療に行っている

方のところへ、出張治療に行ってきました。

今は、この方の所には

1か月に一回のペースで、行っています。

 

この方はもう65歳を過ぎていますが、

長く診させて頂いていると、

歳と共に体の変化を感じられます。

昨日、年齢により生活の仕方を変えないと

いけなくなるお話をブログに書きましたが、

年齢を重ねて、高齢になってくると

季節ごとに対応が必要になってくる

ことがあります。

 

寒さや暑さに適応する能力が、

高齢になると、若い時のように

素早く体が反応して適応することが

できなくなってきます。

 

外の環境の変化に、体が追いついていかない

ことの影響が、体に表れます。

それが最もわかるのが、「筋肉の状態」です。

 

一般的には言われていませんが、

体の中にある無数の筋肉の一つ一つは、

「臓器との関係」があり、

各臓器の状態が、各筋肉に表れます。

高齢になると、外の環境の変化(季節によって変わる気圧、

湿度、気温など)に対して適応する為に、

日常での食生活、生活習慣を変えることが

必要になってきます。

 

この血圧の状態は、心臓と関係した

肩甲下筋という筋肉に表れることがあります。

病院の検査で「心臓の問題があります」、

と言われるような状態ではなくても、

心臓に負担がかかってくる状態は

この筋肉に表れる事が多いです。

(心理的に又は肉体的に、時間に追われていたりすることでも

 心臓に負担がかかり、この筋肉が過緊張することが

 多くの方でみられます)

 

いわゆる臓器の機能低下です。

少し臓器が疲れているような状態でも

筋肉に反映されます。

 

昨日の状態は、水の量が足りない事、

ミネラルの鉄、マンガン、カリウム、セレニウムが

不足していることが、血圧が高い状態と

関係していました。

このようなミネラルは、サプリメントでも

摂れますが、食材で摂る事が良いことが多いです。

 

鉄は、ハマグリ、あさり、アスパラガスなど

マンガンは、さや豆類

カリウムは、ジャガイモなど

セレ二ウムは、ブロッコリー、玉ねぎなど)

(人によっては、多くのビタミン、ミネラルが

必要な事もあるので、その時はサプリメントが必要な

こともあります)

 

このような自分に不足した栄養の影響で、

体調を崩している方も多く、

年齢が高くなってくると、特に影響している

傾向があります。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス