家から出られないような症状 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

家から出られないような症状を抱えた方も

いらっしゃいます。

このような方には、出張治療することもあります。

 

精神的な部分の問題で、1人で家から出ることが

難しい方、体調が不良で出られない方、

人によって状況は様々ですが、

どうしても同じ場所にいることでの

心理的な影響もあります。

 

気分が落ち込みやすく、体調が悪いので、

良い方向に物事を考えづらくなります。

そして、長年一人で生活をしていて

食事を摂る事も、手っ取り早い加工食品を

食べることが多くなり、体に必要な栄養が

上手く摂れていない事や、同じ物を食べることが

多く、このような食生活が体に影響与え、

症状の改善をさらに難しくしていることもあります。

 

症状の要因が、薬の飲み過ぎによる

薬害などの影響は、水を大量に飲み、

尿からたくさんの毒素を出す必要があります。

長年の薬の影響は、この水をどのくらい飲むかで

改善の早さもことなります。

 

どうしても、薬の毒素が体から出ていく過程では

体の修復、排泄作用が伴うので

だるさ、今起きている症状が強く出たり、

とても辛い状態になりますが、この過程がないと

体は好転していきません。

 

症状が精神的な部分にある方は、

改善される過程で、感情が湧き出るように、

理由もなくいろんな感情がわき出たり、

過去の事をあれこれ思い出して、

ぐるぐる回る方もいます。

このようなことも好転する際に良く起きる

好転反応のようなことです。

 

 

この二つには共通点があります。

長年の薬を吐き出したり、長年同じ思考の仕方が

ある為にその時の感情を吐きだすかのような反応が

起きる事など、これはすべて体が起こす毒出し

(感情に関しては、今となってはいらない感情も

あるのだと思います。その時は出来事を受け入れたり

その場に適応する為に必要があったのだと思います)

のような作用ということです。

症状が強かったり、長い期間の問題は

この反応も強い感じです。

(人によっては、これが辛いので

徐々に食事から取り組むことも必要です)

 

体がより良い状態になる為に、このような

心身の変化が起きるのだと思います。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス