気圧の変化、気温の変化で体が反応すること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

だいぶ寒くなってきましたね。

昨日のように、大雨になったり

最近は急な気圧の変化が激しいです。

 

寒くなって感じるのは、体調を崩す方が

増える事です。

私もこう急に気圧の変化があり、

寒い日や急な大雨の日があると、

気分が何かのってこないというか、

なんか鬱的な感じになりやすくなります。

誰でも天候でそんな気分になることは

あると思いますが、

気温が低くなって来たり、気圧の変化、

湿度の変化で体調を崩す方もいます。

 

過敏に体が反応する状態には、

自律神経が関係しますが、

この外の環境の変化に適応できない状態には、

経絡治療が必要になることが多いです。

 

この経絡という中国医学の考えは、

一般的な科学では証明されていませんが、

生命の源と関係があるように感じます。

 

少しスピリチュアルな印象を受けるかもしれませんが、、

事実、経絡治療というこの方法が

体を好転させることを目の当たりにすると

このような体のエネルギーの流れがあり、

これが、私達の体に備わった、いまだ科学では

証明できていなくて、実際に実現できていない、

「生きていない物から、生命を作り出すということ」

この生命が生み出される仕組みをまだ解明できていないこと

とも関係があることなのかもしれません。

 

これは、私達が当たり前に思っている、

私達が体を動かせたり、体内で血液が作られたり、

血管が作られたり、私達人間や他の動物、植物などの

生命体が生まれる、生命の源の根幹の部分に

このエネルギーが関係しているのだと思います。

いまだ、一般科学でも「生命が作られるエネルギー」

に関してわかっていません。わかったいたら、

私達は生命を生きていない物から作り出せます。

 

気圧の変化、湿度の変化、気温の変化によって

体が変化する(気分が変わったり、肩や首が張ってきたり

過去の事故や外傷の部分が痛くなったり、、、)

ことは、このような体のエネルギーの状態に

何か影響を与えるのだと思います。

 

逆に、天気が良く晴天の時には、気分がいいことも

あり、本当にこの外の環境によって

私達は反応しています。この反応の仕方が個々によって

異なるので、この部分をみることが必要になります。

いまだ科学でわかっていないことも

体の変化と関係しているのではないかと

思います。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス