急に股関節周辺が痛くなること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

ぎっくり腰は良く聞きますが、

股関節の部分や鼠蹊部の部分が、

急に痛くなり、歩くにもやっとで、

少し脚を上げるだけで痛みがでること

があります。

 

昨日も急に股関節の部分が痛くなり、

寝返りもうてない状態で、左の脚が上がらないので

歩いている時、道路の少しの段差も辛くなるという

方が来られました。

 

2日前から急に痛くなったようです。

 

このような股関節の周辺や鼠蹊部の痛むを

言われる方も多く、これは体の姿勢を維持したり

脚を上げる為に使う、腸骨筋や大腰筋という

筋肉が過緊張したり、筋力低下が起きたりすることで

痛みを起こす事があります。

 

この部分の筋肉は、腎臓と関係しているので、

体の毒素が溜まっていたり、普段お水を余り飲んでいない

ことで、毒素をうまく排出できていないこととも

関係しています。毒素を排出する為に、腎臓が過剰に

働いている状態でも、この筋肉に影響が出ることも

あります。

 

この毒素が溜まるのは、食べる物の添加物や

自分に合わない物を食べていたり、

薬を毎日のように摂っている場合など口から入る物

の影響が多いですが、とても疲れていたり、

ハードに体を動かしていたり、精神的にも疲れていたり

することでも、溜まっていきます。

腎蔵も疲れがちになりますし、

肉体的にも精神的にも疲れるぐらい、体や頭を使うような

状態は、体では代謝が活発になることで、

いらない物(老廃物)がたくさんでます。

この影響で、毎日汗をかいていなかったり、

水の量が少なかったりすると、いつの間にか

毒素が溜まってしまうことになります。

 

この方は女性で、一か月前ぐらいに

健康診断で、大腸と胃の再検査で

一般的な量なのかもしれませんが、

(この方はとても全部飲めなかったと言われていましたが)

下剤を飲み、静脈麻酔をして、その後

全身麻酔したかのように寝てしまい、

起きたら頭が痛くて気持ち悪くて、

その日に家に帰れなくなって、一日入院したそうです。

 

この方にとっては、薬の量がとても多かったようで、

体も敏感な為に、このような反応を起こし、

この時の影響が、今回の股関節の痛みに影響して

いたことも考えられます。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス