薬の影響で、ふらつきが起きる | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

現在、患者様で薬の影響もあり、

ふらつき、体や頭の揺れが起きている方がいます。

外にも出られないので、出張治療をしています。

 

2年以上、ふらつき、頭の痛みで薬を飲み続けていて、

これでは全然良くならないことに気づかれて、

お問い合わせを頂きました。

 

痛みどめの薬を止めて、数日後に今まで頭が痛くて

何もできなかった症状はなくなりましたが、

今は、ふらつきがひどく、今まで症状を感じなくさせていた分

その反動が今出ています。

それに加えて、体の中では

今までの薬の毒を身体が排出することが

起きている為に、これに伴う体の反応が起きています。

 

それが、ふらつきや体の揺れを大きくすることが

あります。症状がひどくなったと思いがちですが、

体では、このような副交感神経が優位な状態で起きる

排泄、体の修復、血液の循環が良くなると等

を行う際に、現在の症状が強く出る事があります。

このような体が治癒する過程では、

副交感神経が優位になることで、自律神経に作用する為に

ふらつきの方なら、ふらつきが強くなったり、

耳鳴りの方は耳鳴りの症状が強く出たり、このような

反応が起きます。

 

これは、上記のような症状が、体が副交感神経が

優位な時に伴って起きる反応で、これを私達は

辛い症状な為に、なんとしなければと思いますが、

体ではちゃんと、回復するモードになり、

一生懸命働いている表れです。

 

体とは、このように常に良くなるように働きていますが、

何かの理由があり、体がうまく好転していかない状態に

あることで、何かの施しが必要になります。

この方の体では、今薬の毒を排出することを

いっそう高めて行っていますので、

このような症状が強くなる状態が起きています。

 

この状態が何故起きているのか?これを的確に判断しないと

体はなかなか回復していかなくなります。

それが、薬でおさえようとすることです。

この影響で体はいっそうおかしくなっていきます。

 

このような体がいっそう回復するモードのなっている時は、

その体の働きを促す為に、今お体に必要な

栄養素や食材、大量の水が必要になります。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス