病院の対応 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

昨日の話の続きですが、

病院での輸血は、ご自身が「癌」の場合、

病院での手術、放射線、抗がん剤などの

治療をしないのであれば、

輸血もできないと言われたそうです。

 

「そうしたらこのまま野垂れ死にしに

してもいいんですか?」と聞くと、

医師は「そうですね。仕方ありませんね」

と言われたそうです。

 

それ以外にも、「変わった家族ですね、

「病院の治療を受けないなんて」など

いろんなことを言われ、体は出血で、

顔は青ざめているし、医師も病院の検査で

血液も不足しているということも

わかっているのに、このような対応だったようです。

このような体に、ストレスを与えるようなことを

言うことが、どうゆうことが、体で起きるか、

わかっていないから、出来ることです。

 

治療を受けないのであれば、一切受け付けないという

ことが、医師会か何かで決まっているのだと思いますが、

目の前で、そんな状況でも関係ないという

姿勢は考えられないですが、実際にあると

いう事です。

 

「このような患者は、受け入れないように」と

看護師にも言っていたようです。

このようなストレスがかかる事を言われて、

この方は疲れてしまったようです。

しかし、ハッキリと病院には頼るのはやめようと

意志が決まったようです。

 

そのような事があって、昨日も

病院で出される薬(降圧剤4種類、血糖値を下げる薬)

を10年以上飲んでいる方が、来られ

これらの薬を止めたいと医師に相談しても

止めさせしてくれないと言われていました。

薬以外の方法がない為です。

 

今日は、仲間の義理父が癌で急に様態が悪くなられて

亡くなられたというお話を聞着ました。

(抗がん剤を行っていました)

 

なんかやるせいない気持ちになります。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス