医療の問題 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

昨日、お世話になっている方の奥様が

子宮頸がんになられて、

大変な状況になっているという話をお聞きしました。

 

その時の医師の対応に、

今の医療の問題を感じたようです。

 

脅しとも思える口調と、このままでは、

抗がん剤を受けないと余命~年とまで

言われて、病院から連れ帰ったようです。

 

普通の方は、この言葉で医師の言う通りに

従い、亡くなっていく方も多いのではと

思われて、今の医療の問題を

実際に体感して、このことはあってはならないと

強く思われました。

 

現在は自然療法で一時の大変な状況は

一変して、落ち着いているようです。

 

癌に限らず、このような話をいろんな方から聞くことが

多いです。術後の薬漬けの対応の仕方や

改善されない薬を何年も処方し、

それを言われるままに何年も摂っていることで、

起きる副作用。

 

今回のように、患者に不安と恐怖でコントロールする

体質は、医師と患者が対等ではないことが

目に見えませんがあることを表しています。

患者の体に対する知識や薬の副作用の影響などの

知識がないことで、自信も不安になり

自然と頼ってしまうことになります。

 

この方は知識があったので、このままでは

まずいと思われて判断が出来ましたが、

殆どの方は、医師の言われるままに

気づかないうちに危険な状況になっている方も

多いです。自分の体のことを知ったり、

癌が何故起きるのか?ということを

知る必要があります。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス