自分が何をしたいのか?これを知ることが体の健康に繋がる | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

「自分は何がしたくて何の為に生きているのか?」

こんなめんどくさい事を考える事は、

考えたくないと思う方もいるかもしれませんが、

このことが、とても大切です。

 

精神的な問題で、ひきこもってしまうような方

との関わりで、多くの事を知る事があります。

その一つにこのことがあります。

 

精神が疲れて、病んでしまう状況は

とても難しい状況のように思われますが、

問題は、自分の頭の中が整理できていない状態が

あり、感情に支配されて、「不安」「恐怖」など

危険を知らせる感情で頭がいっぱいになっている事で

自分でも何が本当の自分の気持ちなのか、

自分が何を求めているのか?

このことすら考えられない状況にあることです。

 

今現在のこの感情に支配されている原因を

知ることが重要なのですが、

この重要な部分は、殆ど意識に上らない

無意識の部分です。

 

自分で気づけない事で、ぐるぐる頭の中で同じことが

回ってしまう状態を変えられないのです。

 

以前のブログでこの感情と記憶のことを書きましたが

この記憶というものが、自分でそんなに

意識していないことでも

自動録音されるかのように、日々起きる出来事を

記憶されてしまうことがあります。

これが、その数年後か数十年後か、

ある出来事に遭遇することで、

感情がキーワードとなり、無意識に記憶された

出来事と感情が、再び思い出されて、

その時の出来事と感情が

自動再生されるかのように、

自分の頭の中でぐるぐる回ってしまう

状態になります。

 

これが、アンカー(固定)されることで

感情に支配されて、行動が制限されてしまいます。

ですから、このアンカーを取るために、

無意識に記憶された感情を

思い出す事がとても必要になります。

 

このような記憶はあいまいな事も多く、

「何となくそうだったような。。。」という方も

多く、自分の記憶とはそんなあいまいなものでも

あることが分かります。それでいいんです。

それがその人の記憶であって、他人は介入できない

その人の事実で真実ですから。

 

思い出すという行為は、感情の解放に繋がります。

これは、「出来事と感情」を切り離すことに

なり、これによりアンカーが取れてきます。

 

ちょっと文字にするとイメージしづらいかと

思いますが。。。脳の仕組み、記憶の仕組みを

知る事で、このような感情の問題は難しく考えなくても

良くなります。いたってシンプルな仕組みだと

私は思っています。

また長くなりそうなので次回にしたいと思います。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス