体に影響する個人的な食品に対してのストレス反応 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

誰でも、体調を崩したり、具合が悪くなると、

体の事だけに問題があるのかと思いがちですが、

私達自身のこと、身の周りのことも含めた、

自分の生活や食生活、人間関係など、

様々なことが関係して起きます。

 

昨日お話した、日常での様々な出来事に対しての

個人的な反応は誰にでも起ます。

これが意識にはなく、体だけが反応してしまう、

無意識のストレス反応です。

 

このストレス反応は、日々の出来事に対しての

感情の記憶の問題だけでなく、

様々なことに対しても起きます。

 

日常食べている物や飲んでいる物に対しても

これもとても個人的なことですが、

自分の体がその食品や物質に対して、

合わない為、ストレス反応を起こす事があります。

 

このような「自分に合わないもの」が存在する物があり、

これを自分で気づかないで食していることが

あります。これに気づけないのは、自分でそれを食べて

いる期間が長く、感覚がその物質に慣れてしまい、

体に起きる変化を感じられない状態になることがあります。

 

又は「自分が好きな食品を毎日のように

食べていたり飲んでいたりするもの」がある場合、

これは、体にとって過剰になり、蓄積することで、

体に合わなくなってきます。

そうすると、体はこれらを分解(解毒)する為に、

肝臓や腎臓が過剰に働くことになり、

疲れてきます。

 

食品に関してのストレス反応は、このように臓器の問題を

起こすことになります。

このストレスの反応に関しては、

また長くなりそうなので後日にします。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス