薬を飲む事で起きる悪いサイクルが改善を妨げる | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

病院で理解されない症状があります。

いくら自分の症状を訴えても

「そんな症状聞いたことがない」

その一言だけで、終わりにさせられる

方も多いです。

 

「針で刺されるような痛み」

「頭や体が揺れる」

「視界が斜めに見える」

「耳でガサガサ音がする」

 

このような症状を言っても

薬を出されるだけで、長年飲み続けていても

いっこうに改善されないでいる方も多いです。

いろんな科にまわせられて、いろんな科から

出される薬も多くなり、種類も多くなってしまい

殆どが精神安定剤です。

医師も、症状の原因が分からなくてとりあえず

処方されている感じです。

 

長年飲み続けていることで、

これらの薬に頼ってしまい、

何も改善していないのはわかっていても、

止められない状態になっている方もいます。

 

上記のような症状は、自律神経が関係していますので

薬を飲み続けることで、交感神経優位の状態になり、

薬を飲むと、一時的に興奮するので、

女性だったら家事や他の人のお世話など、

少し体を動かそうとする意識になるので、

何かをしてしまいます。しかし、実際は動くことも

大変な状態なので、

その後ぐったりして、この治っていかないサイクルに

はいってしまいまっています。

 

体を休める事がこのような状態には必要不可決なのですが

薬を飲んで、一時的に動ける状態になることで、

いっこうに治らないという状況を

自ら作っていることになっています。

 

このようなことで、どんどん体を消耗されている方も

多いです。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス