体が揺れるような症状には治癒する時間が必要 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

頭や体が揺れる症状を言われる方が多いのですが、

このような症状が長年続いていると、

この症状ばかりに意識がいき、

「まだ揺れている。まだ治らない」

という気持ちになり、

これが自律神経の交感神経を優位にさせて、

しまっていることが原因の一つになっていることも

おおいです。

 

この自律神経が関係している症状は、

体と精神的なストレス、気持ちの部分が

大きく関係しているので、

このような問題の影響が、治療でなくなっても、

すぐには症状はなくなりません。

 

それは、神経が過敏になっていることで、

自律神経の交感神経と副交感神経の

行ったり来たりするような、振り子が揺れているような

状態ですぐに自律神経が正常にならない為です。

 

この自律神経が揺れた状態は、人によって

どのくらい続くかは、異なります。

ですが、ここで、心配しないでゆったりと、

自律神経の症状にはこのような治る過程があるのだと

知る事がとても必要です。

 

自分で意識的に副交感神経が優位になる状態を

作る事で、治癒する事が早くなります。

 

どんな症状でも長く続いていると、

自分の症状が治らないのではないかと、

思ってしまう方も多いのですが、

自分の体が治っていく過程には、

自分の体に適した治っていく時間が必要な

ことで、焦らないで休息する事が

必要です。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス