体が思い通りにならないような症状 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

まだまだ、ストレスで様々な症状が起きてしまう

ことが、一般的でないこともあって、

今起きている症状が、ストレスがキッカケになって

いるとは、殆どの方が思っていません。

 

特に自分の体が思い通りにならないような

ふらつきや体が揺れる、耳の閉塞感、

耳鳴り、視覚の異常といった、

意識ではどうすることも出来ないような

症状が起きる事が多くなっています。

 

 

多くの方が、その症状が起きる前に、

とてもストレスになることがあって、

その後に症状が発症しています。

 

この話をすると、その時のストレスが原因のように

感じると思いますが、

このストレスに関しては、現在のことだけでは

なく、過去のいろんな経験をした記憶とも

関係があります。

 

この日々のストレスの中には、

人間関係の部分が多くを占めている方もいます。

現在起きている目の前のストレスに感じる

人間関係をストレスの原因であることは間違いでは

ないのですが、

そのもっと根本には、過去に経験した記憶の感情が

関係している事がとても多いです。

 

これは私は多くの方を診させて頂く中で

わかりましたことなのですが、

 

私達は、現在のストレスに感じる人や物事に

対して感じていると同時に、今感じている同じ感情を

過去で思った感情とオーバーラップさせて、

それらを無意識に思い出しているようです。

 

このストレスが日々溜まっている方が多く、

日々過去の記憶の感情を感じながら生活している

為に、いつもストレスでいっぱいな状態でいます。

しかもそれは無意識なので、

それが限界にきている時に、他の新しいストレス

(精神的な事だけでなく、寒さや暑さ、忙しいなど)が

キッカケとなって、体はそれまで適応していた

適応能力が低下して、症状が出ます。

 

個々によってストレスに感じる事柄が

異なるのも、この過去の記憶にあります。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス