やめられない行動と症状との関係 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

わかっているけど、やめられない

というような事はありますね。

 

これが体の症状と関係していることも

多く、特に女性で多いと感じるのは、

例えば、「ゆっくりして窓から木を眺めていると、雑草が気になって

すぐに雑草を切に行く」

「部屋にいて、ゆっくりしようとして座って部屋を見ていたら、

部屋の配置が気になり、そういえば、片づけないといけない

書類があったことを思い出して、その整理を始める」

 

 

このような日常で良くある事ですが、

この「ゆっくりしようとして・・・」と思っていても

「目に入る物が急に気になって、バタバタとうごいてしまう」

 

 

このような有りがちな自分の行動には、

その人の「何かしていないと落ち着かない」という

無意識がそうさせています。

 

この状態は、自分で気づかないうちに

慢性的な疲労を起こすことがあり、

知らないうちに「疲れている」という状態に

なり、これは自分の何かの症状を起こす要因となることが

あります。

 

人によっては免疫力が低下して、アレルギー症状、

又は慢性的な肩こりなど、なんだか調子が悪い、

体調が崩れやすいといった事の要因になります。

 

このような行動は、ご自分では殆ど何も

違和感なく、自分で好きにしているという感覚なので

ここに慢性疲労や免疫力が低下する要因があるとは

気づいていません。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス