子供の頃の影響が大きいのは | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:
人は周りの情報を

キャッチして環境に

適応しています。



これは、長い年月をかけて、

人間が生き抜くために

身に付けた能力です。



これらは、無意識で行っていて、

目で見ることや

耳で聞くこと、

又は肌に触れる感覚など

様々な情報の処理を

して、今の自分の状況を

確認しているといいます。




常に自分の状況が、

安全か危険か!?

これを過去の記憶の情報と

照らし合わせて身の危険を

早く知る為に必要なこと

だからです。




この記憶することに

感情が関わっているため、

あらゆる情報をキャッチする

時に、記憶と同時に過去の感情

を思い出すことも、

私達は無意識に行っています。



この能力が、現代では

マイナスに働いている

ことが、多くなっています。



不快に感じた記憶が幼少の頃に

多かった方が多いことで、

今の生活で無意識にストレスを感じて

しまう状況が起きている

方が増えています。



子供の頃は、

子供らしくいられる

環境が必要なことを

感じます。

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス