食に対する意識と健康 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

今日は食生活アドバイザーの小野さんと

そのお友達とお話をしていました。

 

改めて、日本の食に対する意識と、

世界の国の食に対する意識の違いを

感じました。

 

今の世界的な食の意識は、より健康になる

為の食事を摂る事で、

食事イコール体により良い物を摂るという

意識と考えです。

 

 

ベジタリアンが世界的に広がっているのは

その為で、世界の食の流れと

日本の食に対する意識がかなり異なっています。

 

日本は、「美味しい好きな物を食べる」

ですが、各国は「体に良い物を食べる」

です。

 

そこには、食材のこと(肉や野菜などの体に与える影響)、

そして、添加物の体に与える影響がどれだけ体に

与えているか。という知識です。

 

日本で2人に1人の割合で「癌」になっているのは、

ストレスが多いこともありますが、

この食の知識に基づく意識にもあると思います。

今食べている物が果たして安全化?

体にどう影響しているのか?

という意識です。

 

難しいのは、こんなに意識し過ぎて

ストレスになるということも

あるからです。

 

 

ですが、歳をとっても

苦しまないでいたい。

病気で苦しんで生きるのは

辛い、

という意識を

どれだけ持っているか、

ということにあります。

 

 

 

健康志向が流行っていても、

現実にスーパーやコンビニにある物には、

何日も日持ちする加工品が多い為に、

実践できない状況にもあります。

安く安価で食べられる物に

いってしまうのは、

それが普通に身近にある事にも

あります。

 

本当に自分の体は自分で守らないと

いけない時代になってきたと

実感しますね。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス