いつもと違う腰痛や背中の痛みがある時は | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

昨日は少し涼しく感じる気候でしたが、

ここ最近までの暑さの影響で、体が疲れている

方は多いですね。



疲れると背中から腰にかけての痛みが

起きる方も多く、

いつもの腰痛と違う症状だと感じられる方も

いらっしゃいます。



このような部分の痛みは、

「副腎」という臓器と関係していて

精神的な疲れ、肉体的な疲れ、

いわゆるストレス全般の

影響が表れる部分です。


先日も、この部分の痛みを感じる方が

いましたが、


仕事中に痛くなり、

うずくまりたくなるぐらいの

痛みが起きるようになり、

これは普通の腰痛とも

違いうと感じられたようです。


このように、仕事の最中に起きる症状を

言われる方も多く、

これは、仕事でのストレス、又は

長時間の仕事の影響、余り休めていない状況等、

副腎が疲れていることの表れのことが多いです。


副腎は、私達がストレスに適応する為に、

常に働いている臓器です。

この臓器は、私達が進化の過程で、身に付けた

「ストレスに適応する能力」を発揮する為の

中心的な部分です。


現代のストレスは、持続的なストレスが多く、

副腎はこの現代ストレスの特徴である

「いつ終わるのか見えないようなストレス」に

対して、まだ完璧に適応できる状態ではありません。

まだ、そこまで進化していません。


その為、疲れを起こす主要な部分が、

副腎になることがとても多いです。


副腎を疲れないようにするには、

リラックスする時間を

自分の御自分の生活に入れること、

休息の時間(仕事のことも、家庭の事も、

何も考えないでゆったりする時間を作ること)

を意識的に作る事です。



当たり前だと思っている、毎日忙しいことが

症状の原因だったりします。


横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス