この夏の時期に水の不足で起きる症状 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

この暑い時期は、体が疲れやすい方が多いですね。


昨日も、長時間車に乗っていて、肩が固まったように

なってしまい、足首やふくらはぎの周辺が、

痛いという感じでもなく、何か変な違和感を感じる

感覚異常の症状が起きている方がおられました。



人によっては、長時間の座っている状態は、

症状(多くが腰痛や肩首の張り)を起こすことがあります。




これは、長時間の同じ姿勢の状態は、

以前から体のリンパ循環が悪い状態だと

体の老廃物がより滞り、

それは神経の働きに影響し、

筋肉に影響し、

筋肉の固まったような張りや痛みを

起きてしまいます。



この方の足首やふくらはぎの周辺の感覚異常も、

これと関連していました。



その根本の要因は、水の摂取量の不足です。

リンパ循環には水を必要とします。

今の時期のような暑い日が続いていると、

体内の水の量が減ってきます。



特に体に毒素が溜まっていると、水を大量に必要としますから、

普段から毒素が溜まっている方は、

この暑い時期、体内の水の量が減ってしまい、

リンパ循環の滞りが起きやすくなります。



この方は、水の摂取量の不足からリンパ循環が悪くなり、

症状を起こしていました。


暑くなってきて、水の摂取の不足で様々な症状を

起こす方が増えていますので、

綺麗な水をたくさん摂る事が必要な時期です。

そして、日ごろから水を沢山飲んで

毒素を排出することも必要です。


横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス