夏の時期の首の張りや痛み | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

昨日は異常な暑さでしたね。

この夏になると首の痛みや張り、人によっては首がつまると

表現されるような首の症状を起こす方がいます。

この首の症状に伴って胃の症状(胃が痛くなる、もたれるなど)

を起こす方もいます。



首と胃の症状は関係があります。

首の筋肉は胃の状態が表れる場所で、

胃の状態によって、首の張りや痛みが起きてしまう

関係性があります。

同時に、(精神的ストレス=胃=首)

という関係性で症状が起きる事があります。


このように、臓器の状態が筋肉に表れる事は多く、

また、この首に加えて肩周辺の張りや痛みは、

自分が普段好きで、毎日のように食べている物が

体には過剰になってしまっていることが、原因で

起きていることも、とても多いです。


昨日も首がつまる症状と胃の痛みが伴った症状の

方が来られました。


症状の原因は、慢性疲労もあり、栄養素の不足

(ビタミンのビタミンA、ナイアシン、ミネラルのクロム、亜鉛、鉄

酵素を酵素ジュースなどで摂る、タンパク質も大豆を多く摂る)

バナナ、ゴールドキュウイの食べ過ぎでした。

(おそらく、ストレスもあり、好きな物を毎日のように食べてしまった

のだと思われます。そして食事もちゃんと摂れていなかったか、

もしくは過剰な労働で栄養素の不足をまねいたのかもしれません





この方のように、慢性疲労の状態に加えて胃の症状は、

これらビタミンやミネラルは食材で補給した方が良いことが

多く、ビタミンAに関しても、カボチャで摂り、

ナイアシンはアボガドで摂り、クロムはあさり、鉄は大豆、あさり、

はまぐりで摂り、亜鉛は牡蠣が一番良いですが、

今の時期では摂るのが難しいので、豚のレバーで摂る。


これはとても個人的なことで、この方は消化能力が

そんなに落ちていないこともあり、食材で補給した方が

良い状態でした。


これは、誰にも当てはまることではないのですが、

症状の要因は、このような栄養素の不足、過剰に同じ物の摂取

が原因になることがあります。


体がなかなか回復しなかったり、慢性な症状は

このような原因が多いです。


横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス