肩こりが起きる人起きない人 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

慢性的な肩コリや腰痛をお持ちの方は

多いと思いますが、


もう肩こりだからしょうがない、

腰痛は持病だから、と

もう当たり前で、なかば諦めのように

思っている方も多いです。


しかし、肩こりがある人、ない人

腰痛がある人、ない人がいて、

この違いがあるのはなぜか?

このようなことを考えると

何か理由があることがわかります。


このような慢性な状態は、

普段の生活と関係があることが

多いです。(食生活、生活習慣、

又それを助長する個人個人の遺伝的な要素

の影響もあります)


それは、私達の体の筋肉は、体の状態に(臓器や

リンパ循環、血液の循環、ホルモンの変化など)

よって、変化している為です。

食べる物の栄養で細胞は代謝を行いますし、

運動習慣、体を温める、汗をかく、水の摂取量、

睡眠時間、休息するなどで、体は変化

しています。

あとは、ストレスです。



人によっては、

今日は調子がいいみたい。とか、

今日はすごく悪い。。。と

痛みや違和感などを感じるのは

この為です。


そして、精神的なストレスが肉体に大きく影響するのは、

ストレスを感じると私達の体は、

ストレスに適応しようとして、一連の臓器の働きや

ホルモンの働き、神経の働き、血糖値の変化など、

体の内部の状態に変化を与えるからです。


また、これらの変化は、運動神経に影響を与えて、

筋肉の状態に影響します。

神経の反応の速さであったり、

筋肉と脳で素早く情報のやりとりの

遅れ=体(筋肉)の反応の遅れは、

パフォーマンスに影響します。


よくスポーツ選手が、メンタルな部分で、

良いパフォーマンスが出来る、できないことが

左右されるのは、この微妙な調節が

影響します。



また、過去に事故や外傷をした経験がある方は、

その時に生じた、筋肉が過緊張した状態や

靭帯の状態が伸びてその後、硬くなってしまったり、

筋膜が縮んでしまったりして、

元の状態になっていないことが要因として

ありますが、


このような軟部組織の状態が良くない状態は、

生活の影響も影響します。


人それぞれ、何が影響しているのか

(食生活?生活習慣?ストレス?)

これによって個々によって異なります。


横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス