頭蓋骨と小顔のこと | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

こんな記事がありました。

「頭蓋骨のゆがみを矯正することで小顔になり、

効果が持続するとの根拠のない表示をしたとして、

消費者庁は1日までに、景品表示法違反(優良誤認)で、

全国 で20店以上の小顔矯正サロンを展開する

「シンメトリー」(福岡市)など9業者に、

再発防止などを求める措置命令を出した。

ほかに処分を受けたのは、「ナチュラルビューティラボ」

(東京都渋谷区)など。」


これに関して、いろんな方がコメントしていて、

賛否両論でした。


下顎以外の骨はくっついており、皮膚や筋肉が押されて顔の形が

変わっても頭蓋骨が動くことはない」と回答があり、

表示に合理的根拠はないと判断した。

(形成外科医など複数の専門家)



この頭蓋骨は動かないという見解は、

私の知っている限り、西洋医学の解剖学が出来る基礎の

解剖の際に、「死体」を解剖しており、

それが基本となっています。

しかし「生きた生体」と「死体」では、

人間の体の機能は異なります。

機能は構造に影響します。


実、生きた生体を使って、アメリカのオステオパシーという

代替医療の分野では、頭蓋骨はパズルのようにいくつもの

パーツで形作られており、縫合という頭蓋骨のパーツの

つなぎ目がミリ単位で隙間があり、硬膜という膜の

動きで、呼吸と共に頭蓋骨は動いていると言われています。

(アメリカでのオステオパシーは、医師でないと資格が

取れないようです。)


筋肉は、骨にくっついています。頭蓋骨の部分もそうです。

筋肉が緊張すれば、骨の位置も変わって歪みを起こします。


実際にこのオステオパシーの方法で、頭蓋骨の動きを

利用して、改善された症状も多いです。

コメントにもありましたが、確かにこの頭蓋骨は、

歯とも関係があります。噛みあわせなど。


しかし、いろんな情報だけが出回っている感じです。

確かに、小顔になるという謳い文句は、

良くないですが。。


学問によっても、見解が異なり、

国によっても法律も異なるので、

このような事は、国内だけでなく、

海外のことも知らないと、

ハッキリ言えないと思います。


横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス