日本人はジャッジし過ぎるらしい | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

先日のパーティーで、中国の方とお話しする機会があり、

話をしていると

「日本人は、まじめすぎる人が多いので、

それが、辛くなる原因になっている」と

言われました。


中国人は、比較的おおらかで、それが日本に来て

感じることだと言っていました。


昨日は昨日で、

「日本はあらゆることを制限する国」で

それが規律を生んで、良いこともあるが、

制限し過ぎることで、良い又は悪いという

物事にジャッジすることをしてしまっている

人も多いということも聞きました。


自分のことでも、物事を今、その時点で

良い、悪いという判断は、

今現時点で、自分にとって悪い、

良いという思いであって、

それが、本当に良いか悪いかは、

今の時点ではわからないことが本当だと思います。


あの時は、すごく辛かった思いをしたが、

あの出来事があったから、今の自分がいるという

ことが、振り返ると多いような気がします。


その時、その時に自分に都合が悪い思いは、

気持ちに影響を与え、不安や心配などの

マイナスな気持ちを生むジャッジは、

必要がないということも聞きました。



何が会っても、経験だと思って

すべてうまくいっているという思いが

必要なんだと、人からお話を聞くと

気づくことができます。


いろんな国の方や価値観の違う方と話をすると、

自分の考えやいろんなことが整理されるような

気がします。

そんな意識でいいんだなーと思います。


横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス