女性疾患の急増の理由とは | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

昨日の海老蔵さんの会見を

多くの方は見られたと思います。

改めて若い方で癌になられる方が増えている

ことを感じます。


女性の疾患(子宮気筋腫、子宮頸がん、乳がんなど)

は、本当に増えています。


私が7、8年前でもこのような若い女性の疾患が

急増していることが、言われていましたが、

今はそれがさらに増えていることを

実感させられる、身近に感じることに

なっています。



この急増には様々な要因があるとされています。


食べ物の影響ですと、油の影響があると言われています。

油は旨味で、「美味しい」と感じるのは

この油によるといいます。

美味しいのですが、

油は、女性ホルモンの細胞レベルで原型が

同じで、油を多く食べている状態は

女性ホルモンが多くなってしまうと

言われています。

今始まったことではなく、幼少のころからの

長い年月の影響です。


女性ホルモンが過多になることが要因です。


その影響が、大きくなっていることを

昨日の会見では実感しました。



思っている以上に幼い頃から油を摂っていること。

そして、自分の体がこの過剰になった油を

分解できない状態の体であることが起きている事も

あります。

(代謝が落ちていたり、免疫力がさがっていたり)


今の女性は、男性並みに仕事をされている方も多いですし、

仕事も家事も両方仕事をしている方も多いですから

「ストレスフルな生活」も

影響していることもあるかもしれません。



今では当たり前のように、幼い頃から

洋菓子や洋食を食べていることが、

大人になって病気のリスクを高めるという

ことにもなっていると考えられます。



私の個人的な見解ですが、

子宮筋腫の方を治療した際に、

わかったことがあって、


この油や他の自分に合わない食べ物の影響に

加えて「真面目で頑張りすぎる傾向」があったり、

物の捉え方や思考の仕方の傾向も、

この女性疾患と深く関係しているようです。


横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス