慢性的なストレスを軽減するには | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

多くの症状や病気が起きる背景には、

慢性的なストレスが関係しています。


今たくさんのストレスがある中、テレビを見ても

暗くなるニュースや憤りを感じる報道が多く、

これだけでも私達は、無意識にストレスを感じています。


そうすると、脳の感情を司る「扁桃体」という場所が

常に神経が過剰に働き、「発火」した状態になるので、

このような状態が長く続くとは、

気づかないうちに少しのストレスでも

「慢性的なストレス」になることがあります。


だから、意識して「気分を変える事」が必要な時代です。


多くの症状や病気が、この「慢性的なストレス」

にあるということは、

このストレスに対する対応を変える事で、

「心と体」に与える影響を変える事が出来るということです。


これには、私達の人類の進化の過程に目を向ける事が

必要になってきています。


人間の進化の大半は、狩猟採取時代起きたものであると

言われていて、この時は、現在のような「慢性的なストレス」は

なかったのですから、当然今のような病気もなかったです。


このような時代の問題は、

食料の不足が大きな問題だったと思います。

昔と今の生活スタイルは変わりましたが、

私達の体は、変わっていません。


その時の生活はどうだったか?

これが、このストレスに対する対応を変える方法の

ヒントになります。


最新の脳科学の科学者もこの研究を

積極的にしています。


「運動」が今の様々な病気に有効なのは、

運動が、この慢性的なストレスを消去してくれる

ということが分かったからです。


なぜ運動することで、慢性的なストレスが消去する

のかは、研究でもまだわかっていないようですが、

これから解明されるのではないかと思います。


この狩猟採取時代に私達は「身体をとても多く使っていた」

ことがあります。

(狩猟時代には一日に6キロ~16キロ歩いていたそうです。。。)


これによって、私達の脳は進化し、

現代に至りますから、この運動によってもたらせる

脳への効果を知ることが、これからの私達の

心や体の健康を維持していく為に必要になります。


運動というとてもシンプルな方法が

私達の心や体をリセット、修復してくれることを

知れば、今何をすれば健康を維持できるか、

又は体調不良や病気にならない為の

予防になることなのか、価値観も変わります。


これから研究で、どんな体の使い方が

脳に良いのか?自分にどんな運動が良いのか

わかってくると思います。


新しい新薬や最新の機器を使うことだけ、改善をするのではなく、

このような方向性が必要な時代だと感じます。


横浜ホリスティック治療室


こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス