ストレッチは効果的か | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

自分の体は自分で良くしたいと思う方もいて、

よく、肩が上がらない状態の「四十肩、五十肩」のような

症状の方から、ストレッチをした方が良いですか?

と聞かれます。


一般的には、ストレッチはとても良いと言われています。

しかし、身体の状態が上記の「四十肩、五十肩」のような

慢性な状態は、逆に悪化させることがあります。


それは、筋膜の状態がどうなのか?

これが重要です。


ストレッチのような筋肉を伸ばすことは、

筋膜を伸ばす事になることになり、

通常であれば、筋膜の下のリンパ管に作用して、

筋膜を伸ばしたことで、リンパ液(老廃物)を流して

くれます。

そして、筋肉が滑らかに動く助けをしてくれます。


しかし、筋膜の状態が「縮んでいたり」すると

筋肉と筋膜の調和がくずれ、筋肉のなめらかな動きを

妨げ、それは筋力の低下を起こします。

だいたい、その部位は「筋肉も硬く、もりあがり、

ごわごわした感じがします」


この「筋力の低下」は、とても重要なことで、

自分で気づかないうちに、筋力が低下していると、

筋肉を動かすたびに、他の筋肉に負担をかけ、

そんな状態で運動や日常で筋肉を使うと、

時間と共に痛みや張りを起こします。


これは慢性な肩こりや腰痛や膝の痛みにも

なることがあります。


このような部位は、心臓に向かって、筋膜を

手でアイロンがけするように、伸ばしてあげる

ことで筋膜の状態が良くなってきます。


リンパマッサージなどの、筋肉を手で伸ばす

ような手技が効果がある時は、この筋膜の

ことも関係しています。


ストレッチも体の状態によって、効果的か、

そうでない事もあるので、気をつけないといけません。


横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス