慢性肩こりなど様々な症状の原因 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

一般的に体に良いと言われている、

「大豆」であっても、

多くの量を毎日のように食べることは、

体にとっては過剰になり、腸の働きを

悪くすることがあります。


最近、「小麦」の中にある

タンパク質のグルテンが腸の働きを

低下させるということで、

「グルテンフリー」というダイエット法も海外では

流行っているようですが、

「小麦」に限らず普段食べている物でも、

多く食べると、それが腸の働きを悪くします。



それが肩こりや首の張りの症状や下痢などの

腸のトラブルの原因になります。

実際に患者様の肩こり、首の張り以外にも

歩行しづらいなどの原因がわからない症状の

原因がこの普段多く食べている物にある事が

とても多いです。



グルテンアレルギーじゃない人でも、パンを食べると



消化管の免疫系がグルテンを攻撃し始め、腹痛、膨満感、

下痢、疲労が起きたりしちゃう。 さらに、グルテンは

腸にダメージを与える可能性がありまして、

すべての栄養の吸収が妨げられることも


また、これはあくまで相関があるってレベルですが、

グルテンの影響を受けやすい人に統合失調症や

運動失調症が多かったりして、近ごろは脳への悪影響も

示唆されております。


(パレオな男アラフォー男がアンチエイジングについて

考えるブログから参照)



上記に小麦のことが書いています。



横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス