様々な症状や病気を根本から改善するには | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

多くの方がお気づきのように西洋医学は

万能ではありません。


西洋医学が強いのは事故や外傷による骨折や脳や臓器に

対しての損傷、または手術を必要とする状態、

感染症などの急性期の疾患に対してです。


しかし、現在多くの方に増えている癌や糖尿病、

アレルギーなどの慢性疾患に対しては根本治療がなく、

対処療法しかありません。

癌にしても要因は生活(ストレスフルな生活、

食生活、生活習慣、体を休められていない など)

にありますから、放射線、抗がん剤、手術は

根本治療ではありません。



このような状態になる前には、

必ず体から発せられるサインがあります。

それが、「痛み」「張り」「めまい」「耳鳴り」

「耳の異常」「視覚の異常」など様々な症状として現れます。

殆どが自律神経が乱れた状態で、起きる症状です。



病気になる前には、病院のあらゆる検査で

数値に出なくても、

様々なストレスによって、心身のバランスが

崩れている状態や身体の各機能が

低下している状態になります。

又は病院で病名を診断されたとしても、

それが現在の症状との関連がなく他の要因で

症状を起こしていることもとても多いです。

(脊柱管狭窄症と病院で診断された方が、

足の痛みの症状の原因は腸の状態と

関係していたこともあります)


このような様々な病態は慢性的なストレス状態

(精神的な部分と肉体的な部分)であることが

 殆どです。


病院で病気と診断される前に、又は検査で何も出なくても

身体的な症状(肩こり首の痛みや肩の痛み、背部痛、腰痛、

又は手足のしびれなど)や精神的な症状(鬱的な症状、不安症、

恐怖症、パニック障害など)がある状態は、

心身のバランスが乱れている状態です。


これらの慢性疾患が病院で改善しづらいのは、

根本の原因が「生活習慣」「食生活」「持続しているストレス」

「悩み」など、とても個人的な部分にある為です


病気になる前に、様々なサインが出ている状態で治療をし、

改善することは、病気を未然に防ぐことになります。


寿命も長くなり、長く生きられるようになった私達にとって

これからは、病気を未然に防ぐ予防がとても大切です。



横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス