夜分です。中根です(笑)
ちょっと道東まで出張行っとりました。



{47700B13-4BCB-471F-988D-C0DA7C269DEE}

やっぱり
根室は遠いね〜(笑)




{28C8B1D4-2423-4352-B0EA-C36A90D96DA1}
ここは日本最東端の和漢サロンです(笑)





ここでも、

{414E526A-0BB6-48A9-8A37-463CFF37AC34}手書きチラシでハリ・コシ・ツヤに悩むお客様を集客しまくっとる訳です(笑)



※手書きチラシの印刷なら
カナン&カンパニーが断然良い(笑)







このサロンのオーナーさん、
俺よりちょっとお姉さんなので、店の歴史もある訳だけど、

今年が過去最高収益❤️

みたいですね
(根室は過疎地域且つ、経済はかなり厳しい。
つまり何処でもこのやり方は通用すると言う事。)





その後は、
中標津で1泊した後、



朝から
北見まで爆走しました(笑)




北見で、
今後グーンと来そうな、
パスタイムさんで




手書きチラシの
費用対効果に関して、
インタビューしてみました。




若松氏撮影(笑)



ここはね、最初チラシの反応がイマイチだったんだけど、
(5000枚→3名💧)




徐々にお客様の反応が良くなり、(累積効果)



1回のチラシで延べ90回の施術
(ご来店)が確定したり、




お客様を1名獲得するコストが


23000円÷32人=718円
※折り込み料金含む


と、凄まじい記録を打ち出すまでになって来た‼️


これ、いまいち

ピ〜ンと、

こんかも知れんが、

72000円くらい使えば

お客様が


①期待値としては100人集客出来るカタチとなる。
  


そして


これはあくまで試算だけど、




悪くとも半数程度は、
顧客化するので、
②お客様が50人以上は増える。 

商圏・お客様の属性を絞り込んでいるのと
和漢を用いた㊙️な仕組みがある為、
リピート率が非常に高い傾向にある。


③その50人のお客様が、
1年間に使う金額は、



データ上、
1人当たり
10万円/年
以上なので
※仕組みがポイントでっせ!



50人×10万円





たった7万6000円の経費で、


㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️
500万円以上の
売り上げを
叩き出す訳だ(笑)
㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️

ただまあ、
これは1年間の
売り上げに過ぎないので


お客様があまり失客せずに


その後、何年にも渡り
ご来店されれば、
その数字はもっと凄い事になる。※中高齢者の場合、呼び込むのにコツがいる訳で、そもそもストック性はあまり問題ない。お客様を虜にする㊙️な仕組みもあるからね〜




だから
たった1回のチラシが、

未来に渡り

数千万の売り上げを産み出す

可能性も全然ある
と言う事ですね(笑)
※実際にある







そうなると、

たった1枚の
チープな手書きチラシは








{2766CF87-29B2-4CA5-9D00-B5D3A84CB12E}

こう言う美術館の絵画と




負けず劣らずの価値を持つ
と言う事になるんじゃないのかにゃ(笑) 




詳しくはこちらの記事もどうぞ⬇︎⬇︎







PS
明日もやらせシリーズが続きます。お楽しみに(笑)