金は天下のまわりもの

ふつ~の投資家の株取引日記。

今年目標はまずは1,000万円。

最終目標は・・・フジテレビ買収???まさか??


テーマ:

最近株式相場では冴えない展開が続いています。

さて、その原因は?

・米国景気の減速懸念

・円高

・原油等資源価格の急騰

・高水準の信用買い残

・日銀のゼロ金利解除・・・。


マスコミは株価が上下するたびに後出しでいろいろ理由をつけたがります。

わたしはマスコミの解釈など適当にしかみてませんが、ちょっと興味深い記事があったので紹介します。


その記事によると・・・

ここ数年の商品相場、新興市場の株式の暴騰は、日銀のゼロ金利が原因だというものです。

ヘッジファンドはゼロ金利の日本から資金調達をしまくり、高金利やハイリターンが期待できる市場で資金を運用していたというもの。

実際、アイスランドは短期金利が10%台であり、ここ4年で海外から資金が流入し、平均株価が5倍になったようです。そして今年3月の量的緩和解除の発表以来、アイスランドの株価が20%も下落したようです。

アイスランドに代表するように、最近の商品相場、新興国市場等の下落はゼロ金利解除を懸念したヘッジファンドが膨らませた運用資金を引き上げ始めたことによるとしています。


このままでは、わが日銀のゼロ金利解除によりヘッジファンドが一斉に資金を引き上げ始め、あらゆる市場が大暴落する可能性がある。さらに利上げ継続のはずの米FRBが迷いをみせはじめており、日銀が利上げをおこなうと日米金利差が縮小し、円高懸念がある。円高は輸出を鈍化させ日本経済を悪化させる。


結論として、この記事では上記を恐れた日銀は今年ゼロ金利を解除できず、ヘッジファンドは安心して商品相場や新興国市場に資金を投じ続ける⇒バブルの再来?としています。


なるほど・・・と思ってしまった記事でした。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2006年IPO挑戦第29弾!!!


申し込み2,000株⇒落選2,000株ショック!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『株式指標』

225平均 15970.76 +277.01/出来高 16億4656万株/売買代金 23563億円
TOPIX 1613.78 +29.07/SP TOPIX 1369.43 +26.31
JASDAQ平均 2434.32 -7.93
『相場概況(新聞見出より)』

◎値がさハイテクに売り

  需給悪化懸念広がる  

○アドテスト下落

  ⇒上値が抑えられるなか、下げを主導したのがアドテストや東京エレクなど値がさハイテク株。

○ほくほくFG上げる

  ⇒前週に決算発表したほくほくFGは12.8%上昇。今期の業績見通しが市場予想平均を上回ったのを手掛かりに、東証1部で値上がり率2位になった。

○アプラス3日続落

  ⇒大証ではアプラスが3日続落。個人投資家の売りに押された。信用買い残が高水準なことが嫌気された。

○アエリアの売り続く

  ⇒ヘラクレスではオンラインゲーム運営のアエリアが続落。29日午前に「管理するサーバー内の情報記憶装置であるハードディスク30台を紛失した」と発表。個人情報を紛失する管理体制を嫌気した売り物がかさんだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『株式指標』

225平均 15970.76 +277.01/出来高 16億4656万株/売買代金 23563億円
TOPIX 1613.78 +29.07/SP TOPIX 1369.43 +26.31
JASDAQ平均 2434.32 -7.93
『相場概況(新聞見出より)』

◎大型株中心に急反発

   鉄鋼株が軒並み買われる  

○銀行株が急反発

  ⇒銀行株は終始堅調な展開。みずほFG、三井住友FG、りそなHDなどが軒並み急反発した。

○ソフトバンク下落

  ⇒この日、さえなかった銘柄の代表はソフトバンク。前日は相場全体が急落する中で逆行高を演じたが、3日ぶりに反落した。

○サイバード、3日ぶり反落

  ⇒ジャスダックでは携帯電話向け情報配信のサイバードが3日ぶりに反落。株価は、1月に付けた年初高値の半分以下の水準まで下げた。25日に2007年3月期の連結経常利益が3億円に急伸すると発表したが、利益水準の低さを嫌気した個人投資家らに売られたようだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『株式指標』

225平均 15693.75 -213.45/出来高 16億9001万株/売買代金 24578億円
TOPIX 1584.71 -21.30/SP TOPIX 1343.12 -23.48
JASDAQ平均 2442.25 -6.93
『相場概況(新聞見出より)』

◎大型株主導で大幅反落

   需給悪化への警戒感強く  

○資源関連株下げる

  ⇒金や原油など国際商品価格が急落したのを受け、資源関連株に売りが膨らんだ。住友鉱は前日の6.3%高から3.7%安、国際石開帝石は6.7%高から4.3%安と値動きの荒さが目立つ。

○医薬品・食品は上昇

  ⇒相場の先行き不透明感が強いとなれば、ディフェンシブ株が注目される。「医薬品」が業種別で上昇率3位に入ったほか食品株に買いが膨らんだ。

○関西アーバン続落

  ⇒大証では関西アーバンが3日続落。個人投資家の見切り売りが先行した。銀行株売りの流れのなかで、需給面の悪さが嫌気された。

○イートレードが下落

  ⇒インターネット専業証券のイートレードが下げた。楽天証券が6月から株式の売買手数料を引き下げ、業界最低水準を目指すと報じられたのが一因とみられる。価格競争が一段と激しくなり、手数料の安さを武器にする同社の収益への影響が懸念されたもよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『株式指標』

225平均 15907.20 +308.00/出来高 20億3580万株/売買代金 28547億円
TOPIX 1606.01 +26.75/SP TOPIX 1366.60 +26.99
JASDAQ平均 2449.18 +3.93
『相場概況(新聞見出より)』

◎商品相場上昇など好感

   自立反発期待の買い活発  

○値がさハイテク上昇

○地銀株、下げ目立つ

○森精機が反発

  ⇒大証では森精機が反発。値ごろ感から国内外の機関投資家とみられる買いを集めた。

○ジャストが年初来安値

  ⇒ソフト開発のジャストが年初来安値を更新。値幅制限の下限となる1,532円まで下げ、大量の売り注文を残した。2007年3月期に22億円も連結経常赤字になる見通しと23日に発表したのが失望売りを呼んだもよう。新ソフト「xfy」の開発費などが重しになる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『株式指標』

225平均 15599.20 -258.67/出来高 20億6111万株/売買代金 29034億円
TOPIX 1579.26 -36.60/SP TOPIX 1339.61 -32.62
JASDAQ平均 2445.25 -41.11
『相場概況(新聞見出より)』

◎見切り売りで下げ拡大

   TOPIXも1,600ポイント割れ  

○商社株、売られる

  ⇒インドを含む新興国全体の株価動向を示すMSCI新興国株価指数は前日までに10日続落。リスク資産に向かっていたマネーの変調を印象付けた。東証では新興国での業務拡大を材料に買われたこともある商社株に、個人の見切り売りが増えた。

○関西ペイント、1,000円割れ

  ⇒個人に「インド関連」として人気があった個別銘柄にも、安いものが目立った。現地の自動車用塗料に力を入れている関西ペイントは4日続落し、2ヵ月半ぶりに終値で1,000円を下回った。

○大手銀行もさえない

  ⇒この日で決算発表が出そろった大手銀行グループの株価もさえなかった。業種別TOPIXの「銀行業」は4.27%下がり、値下がり率トップ。

○薬品株の一角高い

  ⇒先行きが不透明な今は実際の上方修正まで買いを手控えるか、景気循環の影響を受けにくいとされるディフェンシブ銘柄に投資する傾向が強い。

○住金物産は急反落

  ⇒大証では住金物産が急反落。個人の売りに押された。相場全体の地合いが悪化する中、信用取引の手仕まい売りが増えており、住金物産にも連想売りが出たという。

○フュートレック スットプ高買い気配

  ⇒音源LSI開発のフュートレックに買いが殺到。値幅制限の上限で買い気配のまま取引を終えた。22日にNTTドコモと資本・業務提携すると発表したことが好感された。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

『株式指標』

225平均 15857.87 -297.58/出来高 19億646万株/売買代金 26138億円
TOPIX 1615.86 -22.71/SP TOPIX 1372.23 -17.66
JASDAQ平均 2486.36 +2.22
『相場概況(新聞見出より)』

◎後場、下げ足を速める

   資源関連に利益確定売り  

○新日鉱HDが8%安

  ⇒原油や非鉄金属の相場下落を背景に急落したのが資源関連株。8%安の新日鉱HDを筆頭に、石油資源、同和鉱などが第一部の値下がり率上位に並んだ。

○ファナック下落

  ⇒この日の株価指数を押し下げたのはファナックなどの値がさ株。15日に発表された3月の機械受注統計で、4-6月期の受注見通しが前期比2.5%減となってから、「設備投資のピークアウト感を払拭できない」との見方が広がった。

○KDDI買われる

  ⇒「ソニーと『ウォークマン』ブランドの携帯電話機を共同開発する」と報じられたKDDIが反発。

○吉本興業、3,000円割れ

  ⇒大証では吉本興業が続落。終値の3,000円台割れは4月14日以来。2007年3月期の連結純利益が前期比13%減になる見通しと前週末に発表したことを受け、個人投資家の失望売りが出た。

○ハーモニックが反発

  ⇒精密減速機メーカーのハーモニックが反発。前週末に2007年3月期の連結経常利益が前期比14%増になる見込みと発表したことが買い手掛かり。半導体の世界大手メーカーが大規模な設備投資を実施し、国内外で主力製品の需要が伸びているという。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。