弊社では、ベタ基礎を採用しています。

 

前回ご紹介した割栗石を並べ終えたその上に砕石を敷き、


水をまきランマーで突き固めていきます。



この上に湿気対策として防湿シートを敷き鉄筋を並べコンクリートを

 

平らに打ちます。

ベタ基礎とは、土台部分だけでなく建物下部を全てコンクリートで固め

ていく基礎になります。 

 

最近では、この工法が最も一般的です。

支持地盤と面で接するため、不同沈下がおきにくい工法になります。

写真は、鉄筋・型枠が組立てられ、コンクリートが打ち込まれた様子です。

立上り部のコンクリートが打設されたら、固まらないうちに糸を張り、通り

を確認して調整をしていきます。

こうした確認をしていくことで、正確な基礎が出来上がります。

 

地震に強く丈夫な家を建てるためには建物本体の構造を強くすることはもちろんですが、

土台も強くなければ建物を支えることはできません。

 

丈夫な土台が強い家の第一歩と考えます。


そのためには時間と労力を惜しみません。

今回も大変丈夫な良い土台が出来上がりました。

 

 

 

インスタグラム&FB こちらもチェック!!

 

・「和」のある暮らし方

・ 大工職人の技の魅力

など随時発信していきます。

 

instagram 

https://www.instagram.com/kanetake1981/

Facebook 

https://www.facebook.com/profile.php?id=100034600220804

 

 
~安心の自社一貫体制~
株式会社カネタケ竹内建築

静岡県浜松市東区大瀬町2140-1
浜松市の工務店 ホームページ http://www.kanetake-tk.com/

電話:053-433-3203 

平日・第1・3土曜日:午前9:00~午後5:00