和室と聞くと純和風の家造りを思い浮かべる方も多いかと思います。

い草の香りのする畳が敷き詰められたほっと安らぐ空間ですが、近年、和室のない

間取りも増えています。

新築を建てる際に和室が必要かどうかで悩まれる方も多いので、弊社の施工例を

紹介しますね。

 

 

こちらの施工例はこれぞ「和室」といった純和風住宅の本格的な和室です。

絞り丸太や雪見障子、書院など詫び寂びを楽しむには最適です。

 

 

こういった純和風のお宅の和室では坪庭を楽しんだりできるのも粋ですね!

 

 

 

洋風の造りではこういった和室もおすすめです。

 

小さなお子様のいるご家庭はリビング横にキッチンやリビングにいながら、

お子様がお昼寝をしたり、遊んだりしている姿が見られると安心です。

子ども部屋としても利用するなら、LDKと和室はひと続きにするのがいいですよ!

 

このお宅はリゾートスタイル住宅です。

しかし、和がしっくりきていると思うのですがどうでしょうか?

小上がりの和室がまたリゾートスタイル住宅のなかに溶け込んでいます。

 

 

和室は来客時に対応する部屋として使われることが多いですね。

来客者がくつろいでいただけますし、宿泊される時には布団を敷くこともできます。

来客時に座布団を出して応接間として、お布団を敷いてお客様の寝室として、

和室は大活躍です。

私、個人の意見としてはイ草の香りに癒されますのでお勧めです!

大きく深呼吸してイ草の香りに包まれているとホッとします。

 

純和風の家造りに限らず、和室を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

インスタグラム&FB こちらもチェック!!

・「和」のある暮らし方

・非日常を感じるリゾートスタイル

・大工職人の技の魅力

など随時発信していきます。

和のある暮らし instagram    

https://www.instagram.com/kanetake1981/

リゾートスタイル住宅 instagram 

https://www.instagram.com/kanetake2005/

Facebook                

https://www.facebook.com/profile.php?id=100034600220804

~安心の自社一貫体制~
株式会社カネタケ竹内建築

静岡県浜松市東区大瀬町2140-1
浜松市の工務店 ホームページ http://www.kanetake-tk.com/

電話:053-433-3203

平日・第1・3土曜日:午前9:00~午後5:00

00