洋風住宅平屋建ての家造りがスタートしています。
 

住宅の強度や耐震性に大きく影響する基礎。

その基礎を支える為、基礎の下の地盤を作る大事な作業が「地業」です。

栗石による地業は、まず「栗石」という石を敷き並べることから始めます。

ひとつずつ手作業によって敷き並べます。

丁寧に手作業で行うことで、より強固な地盤ができあがるのです。

この後、石の隙間を埋めるように砕石を敷いていき、

その上を機械で突き固めていきます。

丈夫な家を作るには基礎が肝心!更には基礎の下も肝心なのです!


熟練の職人が手作業で1つ1つ石の形を見極めながら家の基礎となる

 

素材を生かすも殺すも職人の技があってこそです。

 

 

インスタグラム&FB こちらもチェック!!

・「和」のある暮らし方

・ 大工職人の技の魅力

など随時発信していきます。

 

instagram 

https://www.instagram.com/kanetake1981/

Facebook 

https://www.facebook.com/profile.php?id=100034600220804

 

 

~和風建築 通し柱ひのき七寸柱の家・安心の自社一貫体制~ 
㈱カネタケ竹内建築
静岡県浜松市東区大瀬町2140-1 
浜松の工務店 ホームページ http://www.kanetake-tk.com/