前回、現在進行している現場の割栗石のことについて紹介しました。

今回はもう少し詳しく『割栗石』のことについて紹介しますね。

 

 

ここで質問です!!

 

ぬかるんだ土の上を歩くのに、小粒の砂を撒くのと石を敷き並べるのどちらが、

ぬかるまず安定して歩けますか?

 

ぜひ、お考え下さい。

人間は足、家は基礎で自重を支えています。

 

私たちは基礎工事をとても大切にしています。

基礎工事とは、家が傾いたり沈んだりしないように建物の荷重を偏りなく

直接地盤に伝える役を担う建物の土台となる部分の工事のことです。

私たちはベタ基礎の下地として「割栗石」と呼ばれる石で施工しています。

建物の荷重を地盤に伝える重要な役割を担っています。

石の大きさ・形を見極めながら、職人さんが隙間なく丁寧に組み合わせ並べていきます。

熟練の職人の成せる技です。

 

『強固な家造りは強固な基礎作りから!』

◆ 建物の荷重を基礎から地盤に均等に伝えることができ、不動沈下を防ぐ

◆ 基礎底板部の排水効果を高め、地震力が直接基礎へ伝わるのを緩和する効果がある

◆ 設置面積が大きく曲面は圧力を分散する

◆ 軟弱地盤にも適する工法

 

私たちがこだわる工法は時間や手間がかかりますが、家造りに欠かせない工程です!

 

インスタグラム&FB こちらもチェック!!

・「和」のある暮らし方

・ 大工職人の技の魅力

など随時発信していきます。

 

instagram 

https://www.instagram.com/kanetake1981/

Facebook 

https://www.facebook.com/profile.php?id=100034600220804

 

 

~和風建築 通し柱ひのき七寸柱の家・安心の自社一貫体制~ 
㈱カネタケ竹内建築
静岡県浜松市東区大瀬町2140-1 
浜松の工務店 ホームページ http://www.kanetake-tk.com/