I様邸の様子です。

土壁もしっかり乾燥し、大変良い状態です。

この土壁は施工時は独特な臭いがあるのですが、

乾燥するとすっかり不思議なほどに「無臭」になります。

「竹小舞土壁下地」

天然素材100%の断熱材で人や環境にやさしい造りです。小舞竹を格子状に編み込み、

両面から土を塗っていく伝統的な工法です。調湿性に優れているため、内部結露対策に

効果があります。

 

野物丸太が天井材によって隠されていきます。

以前、構造見学会時に

「隠れてしまうのに太い材料を使っているね。」

と話す方がいらっしゃいました。

梁を見せるお宅もありますが、基本は本当に隠れてしまう場所です。

見えない場所こそ良い材料を使いしっかり造りこむ。

この信念が地震に強い家が出来上がる理由です。

 

中間検査も無事に終了し、ほっとしました。

 

インスタグラム&FB こちらもチェック!!

・「和」のある暮らし方

・ 大工職人の技の魅力

など随時発信していきます。

 

instagram 

https://www.instagram.com/kanetake1981/

Facebook 

https://www.facebook.com/profile.php?id=100034600220804

 

 

~和風建築 通し柱ひのき七寸柱の家・安心の自社一貫体制~ 
㈱カネタケ竹内建築
静岡県浜松市東区大瀬町2140-1 
浜松の工務店 ホームページ http://www.kanetake-tk.com/