私たちは『竹小舞土壁下地』という日本古来から続く断熱法で施工しています。
小舞竹を格子状に編み込み、両面から土を塗っていく伝統的な工法です。
調湿性に優れているため、内部結露対策に効果があります。
他にも蓄熱効果や筋交い+土壁の施工により、筋交いのみの壁よりも耐震強度が

上がります。
その上、100%自然素材を使用しているため、シックハウスなどの心配がありません。

 

写真は竹小舞の下地が出来上がり、土を付けているところです。
荒壁に使用する土は、黄土等の土とワラを混ぜて寝かせ、発酵したものを
使用しています。そうして出来た土は、粘性が増し強い壁となります。


手間と時間はかかりますが、それ以上に家に良いことばかりです。
ご近所の方々がこの作業にとても興味を持っていただいているようでありがたいです。

 

 

 

インスタグラム&FB こちらもチェック!!

・「和」のある暮らし方

・ 大工職人の技の魅力

など随時発信していきます。

 

instagram 

https://www.instagram.com/kanetake1981/

Facebook 

https://www.facebook.com/profile.php?id=100034600220804

 

 

~和風建築 通し柱ひのき七寸柱の家・安心の自社一貫体制~ 
㈱カネタケ竹内建築
静岡県浜松市東区大瀬町2140-1 
浜松の工務店 ホームページ http://www.kanetake-tk.com/