大好きな作品。 | かねみつゆきは、私です。
2009-07-05 03:14:55

大好きな作品。

テーマ:ブログ

いつだったか、書きたくなったときに書きますと言っていた大好きな作品。


書きたくなったので書きます。笑


あれは3年前。

2006年7月に観たミュージカル『ダンス・オブ・ヴァンパイア』。


何気なくチケットを取って1人で行った帝国劇場。


開演前の空気は不思議なものでした。

何度も来ていて初めて来た劇場ではないのに。


『すごい・・・あたし、この劇場で舞台に立ちたい。』


なぜだか開演前の客席で強く思った感覚を、今でも鮮明に覚えています。


お芝居をやっていきたいという点では小学校の頃から今も変わらないけれど、ミュージカルをやりたいと思ったのは短大に入ってから。

卒業後に観た作品ですが、『この劇場の舞台に立ちたい』という思いは、生まれて初めて出会った感情でした。



そんななか幕が上がり・・・


3時間、こんなに魅入ったことが今までにあっただろうか。


このとき初めて、舞台に立つ大塚ちひろさんを観ました。

惹きつける力がすごい。

歌声というか、歌い方というか・・・上手い人っていうのはいっぱいいるんだろうけど、よく通るハリのある声で歌う大塚さんの歌は、全身に入ってきました。


そして市村正親さん。

前にも書きましたが、市村さんが演じる役を観てしまうと、ほかの人が演じている想像ができないのです。

お芝居の延長が歌になるミュージカル。

市村さんの歌は、まさにセリフがメロディに乗っかっている感じ。

その演技力で、観ている人をどんな感情の世界へも連れて行ってくれます。


このときから、お2人とも大好きな舞台俳優さんです。


というか、全員が本当に素晴らしかったです。



そしてダンス・・・衝撃的でした。

この時点ですごくミュージカルを観ていたわけではないし、偉そうなことは言えないけれど、ありがちな振りじゃないんです。

とりあえず回る・・・技を見せる・・・っていうものじゃなくて、本当にそのシーンに合った振りで、いわゆるミュージカルでは観たことのない踊りでした。

しかも、踊りのシーンだけでも舞台として魅せられるほどのものでした。

この作品以後も、『なんか違う・・・すごいな。』と思って振付の方の名前を見ると、上島雪夫さんなことが多々あります。



帰り道・・・家に帰ってからも、数曲のメロディが頭から離れませんでした。

曲もすごくいいんです。


数ヵ月後にCDが発売されるということで、即予約し、届いてから聴きまくりました。



『ダンス・オブ・ヴァンパイア』、何がすごいって、持続性。


おもしろかったね~

感動したー

観てよかった・・・


観終わったときに芽生えるこの感情って、強く思うのは私は意外と一瞬なんです。


その強い感情を引きずるのが、『もう一度観たい』へ繋がります。


人それぞれだと思いますが、もう一度観たい作品って私の中ではそうそうありません。


舞台ではこの作品が初めてです。(映画では『シカゴ』)



この時は予定が合わず、結局もう一度は行かれませんでしたが・・・。



そしてCDを聴けば聴くほど、この作品が益々好きになっていくのです。

終わった公演をどんどん好きになっていくってすごいことです。



そんなわけで。

今も変わらない、私が一番好きな作品です。


この作品にどれだけ支えられ救われたか。

どれだけパワーと元気をもらったか。

感謝の作品でもあります。


そんな『ダンス・オブ・ヴァンパイア』、初演メンバーと新たなキャストの方々で再演、7月5日、今日が初日です!!


ねらったわけではないのですが、書こう書こうと思っていたら今日になってしまいました。



今年は数回観に行きます♪


まずは来週。



楽しみすぎる(´∀`o)


金光有希さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ