笑ってお母さん 

笑ってお母さん 


24話

シニョンはヨヌの新聞社でイキイキと働き始めた。

ヨヌがいるから 「心強い」と言うシニョン・・・

「力になりたい」 と机を飾ってあげるヨヌ・・・

お互いに そこはかとな~く好感を持ってる雰囲気が漂うわ~~

でも ダルレにとっちゃ 唯一の相談相手で片思いから両思い(未満?)に

なったばかりのヨヌだからなぁ~

その後 ヨヌはガンソの姉から呼び出される。

ヨンソが米国の父を訪ねたせいで、ガンソ姉の娘が米国を離れたらしい。

「ヨンソを呼び戻せ」 と言われている最中、たまたま弟から電話が。

ヨヌは 弟の名前が 『イ・ガンソ』 と知る!

これはいかん!! と焦ったヨヌは「傷つく前に別れて」とヨンジュを説得するが

年の差を咎めてると思ったヨンジュは 「最後の恋から逃げたくない」 と言って

聞く耳を持たない。

翌日、ガンソは恋人を姉に紹介することになっていた。

ヨンジュもけっこういい度胸してるね。

ガンソが言うほど理解のあるお姉さんには見えないんですが、、、

なんたって 母親の年齢のヨンジュを気に入るとは思えない (-_-;)

しかしもはや 歳の差よりも二人の因縁のほうが問題!!

困ったヨヌはガンソに、ヨンジュ(=先妻)とガンソ姉(=略奪婚した後妻)

の関係を打ち明ける。

ガンソは衝撃を受けながらも、とりあえず、待ち合わせ場所に急いだ。

が、 店の前で宿敵の二人がばったり会っちゃって万事休す。

ヨンジュの幸せな時間は、はかなくもアッという間に終わりを告げた。。。

顔に怪我したジャンミの代役に 再びダルレを推すク室長。

恋人のような存在のヨヌのことは調べ上げている。
代役の条件はスキャンダル禁止!

そんなク室長の様子に 「ダルレが好きなんだわ・・」 と確信するダルレ母。

ク室長って嫉妬深そうだねー!

ジャンミは命に別条なかったんだ~

それにしても 防げた事故なので、良心はとがめるわけで、、、

ジャンミ母にも疑われている。

修理担当者に顔を見られたしね。

主役に返り咲いたダルレは さっそく撮影スタート。

ところが! ジジババに連れられて撮影を見ていたユラが 交通事故のシーンで

失神してしまう。

事故が蘇って ボミとの記憶が戻った・・・?

少しずつ思い出してるみたいね。

シニョンは危険を感じ、思い出したことは 「ママだけに話して」 と約束させた。



財閥どころかプーだったのに、婚家になじむミソが可笑しいよ。