栄光のジェイン

栄光のジェイン


1,2話


小3のヨングァンの父親は社長のお抱え運転手。

社長令嬢ジェインの誕生祝いに呼ばれたヨングァンは、副社長の息子イヌ

見下され、野球の戦いをいどまれる。

野球は初めてだけど、ホームランをかっ飛ばして可愛いジェインを喜ばせた!

そのころ・・・

車内で社長に不正を責められた副社長がカッとなり、後部席から乗り出して

ハンドルを無茶苦茶に操作。

土砂降りの中で暴走させ、社長、副社長、運転手もろとも川へ転落してしまう。

副社長は車から脱出し、親友の社長を助け出した。

いちおう 良心はあるのかね?

ところが・・・

社長(ジェイン父)を助けたつもりが、運転手(ヨングァン父)を助けてしまった!

副社長(イヌ父)が エッ! っと思った時には遅し。

社長は川底で息を引き取る。

ジェイン母は慌てて ヨングァンと一緒にいたジェインを迎えに来た。

「本物のホームラン王になったら結婚してくれる?」って話してたのよね。 

おマセさん♪

別れ際、ヨングァンはボールをプレゼントする。

そのボールには “ヨングァンの初ホームラン” と書かれていた。

ジェインはプロポーズの返事を 「うん」 と言って車に乗った。。。


事故は3人の父親達だけじゃなかった!

ジェインを乗せて運転してたジェイン母が落石に激突。

ジェイン母は意識不明、ジェインは行方不明になってしまう。

事故直後のジェインに何が起きたのか?

そこが よくわかんなかったんだけど、とにかく、見つかった時には記憶喪失に

なってたの。

イヌ父はヨングァン父に ジェインの名前を変えて、見知らぬ地に送れと命じる。

ヨングァン父はジェインを施設に送るが、良心の呵責からジェインに名前を

しっかりと覚えこませた。

「お前の名前はユン・ジェイン。 絶対に忘れるなよ」 と。

不正を捜査してたのは社長夫婦の友人の女性検事で、事故原因を怪しんだが

もはや死人に口なし。

気弱なヨングァン父は命の恩人のイヌ父をかばった。

事故は運転手の過失となる。

イヌ父は不正を亡き社長になすりつけ、会社を乗っ取った。


<17年後>


ヨングァン父はジェインを施設送りにした見返りのクッス屋を営んでいた。

ヨングァン、イヌは夢を叶えてプロ野球選手に。

球団オーナーの息子イヌはたっぷりお金をかけて 花形選手になった。
一方、ヨングァンは・・・

犬猿の仲のイヌと喧嘩して2軍落ちし、その後もさっぱり打てず。

打率をあげないと解雇の最終通告を受けていた。

唯一の栄光、高校時代にサヨナラを打った英雄の面影はない。

そんな二人がそれぞれ1軍、2軍の試合中に怪我のアクシデント!

イヌは鼻骨折、ヨングァンは頭と胸を打つ重傷だった。

病院スタッフはスター選手のイヌに気を取られて、ヨングァンはほったらかし。

瀕死のヨングァンを救ったのは 准看護師のジェインだった。

イヌが見下す → ヨングァン悔しがる ~の激しい対立を続ける二人に

ジェインが水をぶっかけたことから、ヨングァンはジェインに反発する。

そのうえ 看護部長から常にイビられてるジェインが うっかりヨングァンの

肋骨にカートをぶつけたことから、さらに険悪になった。

が、ジェインはボールの記名と同じ名前のヨングァンのファンだった。

さらに ヨングァンを輸血で救った時、ジェインは正看護師の国家試験を

断念したと知るや、キュ~ンと切なくなるヨングァン。。。


ところで このドラマはファンタジーなのかしら。

預言者みたいな物乞いのおじさんが現れたよ。

物乞いのおじさんは17年前、ゴミを漁っててペンダントを拾った。

そのペンダントとは?!

ジェイン父が娘の誕生祝いに準備したもの。

娘の幸せを願う父の祈りがこめられていた!!

それを イヌ父がポイと捨てて、物乞いが拾ったわけ。

心優しいジェインは物乞いのおじさんに親切にして、感謝されるの。

そしたら おじさんが願い事を3つ言ってみろと・・・。

 ①家族と再会

 ②ナイチンゲールのような看護師になる

 ③真実の恋をして、幸せな家庭を築く

半信半疑で願い事を言ったジェインに おじさんはペンダントを差し出した。

すると たちまちペンダント効果か?!

施設のシスターが父親の手紙を持って現れた・・・。



史劇 ・学園もの ・スポーツもの は、私の3大苦手分野ですが、韓国ドラマっぽい

始まりだったので面白く見られそうです。