方言活用委員会

テーマ:

 標準語と方言ねえ。

 関西訛りでしゃべっても「標準語」なのかな。東京の下町言葉は「標準語」じゃないよね。「まっつぐいって、しだりに曲がって」なんてのも標準語のうちにならないような。

 わたしは東京山の手言葉の話者だけど、しゃべっている言葉が「標準語」なのかというと、特徴的な方言をしゃべってないという消極的な意味で、標準語をしゃべっているとはいえる。

 でも、今はたいがいの地方で、テレビと同じ言葉をしゃべっているのではないかなあ。そういうのも「標準語」のうちでしょうね。多少の「訛り」はあっても、それで「方言」認定は出来ないと思う。

 方言には、特徴的な語尾が多いけど、若い衆は「なになにじゃん」と使っている。 (あれは横浜言葉というけど山梨の親戚のばっちゃんの語尾も「じゃん」だったから、横浜の前に別の地域で使われていたはず) ああいうのも「方言」というのは範囲を広げすぎでしょう。


 方言というのは、観光地で売っているお土産の暖簾なんかに書かれている単語のことをさすわけではない。

 広島の人は、「○○ と いいます」の助詞「と」を抜かすでしょ。むかし森戸辰男  という有名な学者さんがいて、自己紹介のときに、「森戸 いいます」と名乗るから、会った人は、森さんという名前かな、と思ったそうです。

 そういう統辞法レベルの特徴も含めて方言で、語彙だけじゃないと思う。

 わたしは形容詞に直接「だ」をつけるのは、誤用と感じる。 「わたしは嬉しいだ」とか「眠いだ」とか。でも方言によってはありえる。ついでにいえば、「です」も形容詞に直接つけるのはしたくない。「美しいです」という言い方は子どもにしか許されないと感じます。東京山の手の標準的な言い方は「うれしゅうございます」と音便形で丁寧にいうんだけど、今時分、こんな言い方をした日にゃー、あなた「なんの鹿芝居だ」と笑われらあね。

 でも、今の標準語は昭和30年代ぐらいまでの東京・山の手言葉ではないから、「美しいです」は許されるのでしょう。


 そんなわけで、「標準語」と「方言」というのが、そう対立するものとは思えないのですが、わたしは方言を重宝に使えればいいな、と思っています。よその地方でもね。

 もてる方言があれば知りたいものだけど、そんなのはないかな。凄むなら河内弁とか嫌味を言うなら京言葉とかありそうだけど。