火曜日ということでレイアウト関連の話。

現在、増設・延長分ではなく既存ヤードの組み替え等を進めていますが、実質三日分の内容を分割している感じです。

まぁ、5年に一回ぐらい、レールや建物をバラして清掃する「大掃除」も、長く使うためには必要なんで、致し方ないです。

バラスト固定してしまうと、「レールを外して清掃は出来ない」という問題が浮上しますね。「週刊SL鉄道模型DX」の方は、釘打ちですから基本バラせません。

 

今回ですが、ヤード手前の荷物置き場になっている部分を復活させます。

元々は「電車区が見える駅」として、以前使っていた「ジオコレ駅B」を移転させた物でしたが、2018年の「改良工事」の時に、手前部分の清掃を残したままになってました。

 

関連記事(2022年度改良工事)

 【レイアウト】2022年度レイアウト改良計画09~電動ポイントの配線~

 【レイアウト】2022年度レイアウト改良計画08~ヤードの改造 後編 ヤードの配線終了~

 【レイアウト】2022年度レイアウト改良計画07~ヤードの改造 前編「機関区セット」も組み込む~

 【レイアウト】2022年度レイアウト改良計画06~鉄橋の架け替えと、芝生貼り付け等~

 【レイアウト】2022年度レイアウト改良計画05~簡単、スタイロフォームによる土台製作~

 【レイアウト】2022年度レイアウト改良計画04~手前分岐線(仮)を設置する~

 【レイアウト】2022年度レイアウト改良計画03~子供の頃の夢話とサブ・ジオラマ周りの周回線~

 【レイアウト】2022年度レイアウト改良計画02~乗り入れ線計画と高架線延長と駅移動~

 【レイアウト】2022年度レイアウト改良計画01~「週間SL鉄道模型DX」の高さを下げる~

 

元々8番9番線でしたが、2018年の時点で1線増え、「9番・10番線」になる予定でしたが、放置しちゃったんですよね。

ここから先のレール、ホコリが積もってキレイとは言える物ではありませんでした。

 

一端線路を撤去して清掃します。

 

TOMIXの特徴の一つ「ダブル・スリップポイント」です。直線と曲がる線の切り替えになり、これをうまく使うとポイント数が減ります。

今回の増設で、電動ポイントが9・10番線で、青で色分けします。

これは後10年経てば60代で、現状でもそうですが少しずつ複雑な物が頭に入らなくなってきており、滅多に使わないヤードは「見てくれよりも、見てわかるのを優先」しておくことにしました。全然目立たないですけどね。

 

ジオラマのベースが空中に浮かす「橋渡し方式」を取っているので、本来は穴開けて下へ配線落とすべきなのですが、下の部分に台が来ている場所では、スタイロフォームを掘って配線を埋めます。

しかしごまかしていたバラストっぽい色の「大理石調の壁紙」が、劣化で浮いてきてしまい、しかたないので撤去。どこに行ったかわからないので、とりあえず他の方法でごまかします。

 

レール清掃後に配線。メチャクチャレールがキレイになりました。

この部分の引き込み線ですが、当初貨物荷役線(コンテナ積み下ろし)を想定して、「引き揚げ線」として設置。

この先に「ターンテーブルや機関庫」の計画がありましたが、やはりスペースが取れないため中止。

もう一つ、「地上駅4番線へ繋げる」計画は生きてますけど、トンネル部分の製作に入ったので、「見た目だけ複々線(4線)」は出来なくなりましたorz

 

この部分、配線どうやって隠すかな・・・。

しつこいですが、いまだに「TOMIXのフィーダー線はでかい」と言われますが、ここを含めて2箇所だけこの形状で、あとは線路裏に取り付ける「ワイドレール用フィーダー線」を使用しています。

現行の「PC枕木レール(非ワイドレール)」にも使えますので、そっちをお勧めします。

 

線路の露出部分は、石の通路をのっけて、ごまかしました。

先ほどの部分はワイドレール用の余剰品でごまかします。

 

ホコリ被って変色していたストラクチャーも、「ワイド泡ハイター」でしばらく浸して清掃したら、新品の輝きになりました。

今回撤去しましたけどね。

 

基本になる教本が、子供の頃買ったこの3冊です。

結局、現在の部品を多用していますが、建物はこの時代(1980年頃)に近づけるのが前提で、看板もなるべく本の中に載っている物に近づけています。(詳しい写真は次回)

 

複雑な線路だけのレイアウトを好む人も居ますが、そこそこ建物も欲しいので、手前が「小さな商店街」にしました。

「不二家」のストラクチャーは昭和時代から同じ。

セブンイレブンは現行品ですが、看板を昔の物へ置き換えています。

赤い【回7回】の入り口看板を記憶している方は、「昭和のおじさん・おばさん認定」となります。

仮置きしただけなんですけどね。

 

最終状態(線路)

 

こちらが駅側です。

手前のホームは、「京阪大津線の穴太駅」の作りかけです。

一応4両対応ホームになってます。

 

線路の踏切部分ですが、「機関区セット」に付属していた渡り板線路を流用。

すでに「車両基地セット」で、余剰になっていた物の再利用です。

この線路は、市販化して欲しいですね。

 

今までは、奥に線路が2戦延びていましたが、高架線路延長に絡み、建物が出っ張ってしまったので、10番線が短くなりました。そのかわり、昔ローカル駅にあった「小さな貨物ホーム」として使用する方向になりました。

この方が情景増えそうだし。

トップリフターは、手前の10番線のコンテナ乗せ換えようです。

 

結局、この形に落ち着きました。教本の影響が大木ですが、次回建物をさらに「昭和50年代」に近づける予定です。

でも、その後が進んでないんですよね、入院しちゃったのでやる気が下がっちゃったと言うことです。

現状で「トンネル付近の形状変更と仕上げ」「橋梁と線路の高低差調整」「線路の仮配置(位置決め)」「週刊SL鉄道模型DX横駅の設置」「同トンネル設置?」「乗り入れ線計画」「採石積み込み場or柴又商店街設置他(まだ未定)」など、やることはいっぱいあるんですけどね。

まぁ、ぼちぼちやっていきます。

 

以上、「ヤード周辺線路完成」でした。