2017-07-20 09:00:00

土用の丑の日は「う」のつくものを♪

テーマ:ブログ

2017年の夏の土用の丑の日は、

7月25日(火)と8月6日(日)の2回。

 

この日には、うなぎsao☆を召し上がる方がたくさんいらっしゃると思います。

 

しかし元々は、うなぎだけではなく、丑の日には「う」のつく食べ物を食べて、

夏バテを防止する風習があったとか。

 

「梅干し」

「ウリ科の野菜」

「うの花」

 

これらの食材にも「う」がつくので、土用の丑の日にピッタリですウインク

 

京の乾物屋・山城屋のキッチン の中から、

土用の丑の日にオススメのメニューをいくつかピックアップしてみました!!
 
まずは、「梅」を使ったメニューです。

梅とひじきの煮物

 

大豆とわかめの五目梅煮

 

梅酒寒天

 

海藻は、薬膳では身体を冷ます作用があると言われています。

暑さ厳しいこの時期、これらの梅と海藻のコラボメニューは

夏の土用の丑の日にも最適です音譜

 

 

次は、「ウリ科の野菜」メニューですきゅうり

きゅうり、かぼちゃ、すいか、そして、ユウガオの実から作られる

かんぴょうもこの仲間です。

 

かんぴょうと椎茸の混ぜご飯

 

きゅうりを加えるだけ!春雨のピリ辛炒め

 

かぼちゃとひじきのコブサラダ

 

 

あと、「うの花」にも「う」が付きますね!!

 

山城屋の、京のおばんざい「うの花」

 

こちら乾物なので、賞味期限が長く作りたいときに作りたいだけ使えるので便利です!!

 

アレンジメニューもいろいろと クリック うの花アレンジメニュー

うの花のキーマカレー

 

ということで、

みなさま、「う」のつくメニューで、

どうぞ健やかな夏をお過ごしくださいねドキドキ

 

 

 

京の乾物屋・山城屋のキッチン

 

 

 

   

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

乾物大好きさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります