令和元年9月11日(水)・12日(木)、明治大学中野キャンパスにて第4回チームケア学会が開催されました!

湖山医療福祉グループを中心に、たくさんの法人が研究発表を行ないました。

ラスール金沢文庫からも1事例、発表させて頂きました。

2ABユニットの岩崎リーダーと田原リーダーによる「全盲高齢者とのコミュニケーション支援の方法」です。

表彰式にて湖山代表と握手をする岩崎リーダーです。

日頃、雲の上の存在でなかなかお会いできない代表に激励して頂き、身が引き締まる思いです。

79演題の貴重な発表が集まりました。

年々内容が充実しているチームケア学会、早くも来年に向けてやってみたいこと、考えていきたいことがどんどん出てきているようでした。

 

公開討論会「最後まで楽しく口から食べていられるために私たちにできること」では、ラスール金沢文庫の施設長・雨宮が介護職代表として登壇しました。

たくさんの法人、たくさんの職種が集まる中、お互いが意見交換し、即現場で実行できるようなアドバイスもしあえる貴重な機会となりました。

 

最後になりましたが、チームケア学会に際し、当施設の研究にご協力いただきましたお客様、ご家族様、他機関の皆様、本当にご協力ありがとうございました。

これからも、お客様にとってより良いケアを提供できるよう、チーム全体で取り組んでまいりますので、よろしくお願い致します!